西銀座チャンスセンター1番窓口の待ち時間は?並ばずに買う方法とは!?

2021年6月4日

ジャンボ宝くじが発売されると、ニュースなどで長い行列を作っている売り場が紹介されます。

特に東京の西銀座チャンスセンターは人気が高く、発売日初日には多くのメディアに取り上げられるほどです。

ここで多くの1等や前後賞など、億を超える高額当選が数多く輩出されているため、それにあやかろうとたくさんの人が西銀座チャンスセンターで購入しています。

人気という事は、それだけ行列も長くなるはずですから、待ち時間も他の売り場よりも長くなります。

大人気の売り場とはいえ、並ぶのは面倒くさい!と思った方もいると思いますが、実は並ばずに買える方法があるんです!

今回はその裏技についてもお教えします!

ということでそこで今回は、人気の高い西銀座チャンスセンター1番窓口の待ち時間並ばずに買える裏技について、解説していきます!

西銀座チャンスセンターの1番窓口の待ち時間は?

西銀座チャンスセンターの窓口は基本的には6つあります。(1番窓口の右・左、2番、3番、5番、7番)

ジャンボ宝くじの発売期間には8番、10番、11番、12番、13番窓口が増設されます。

4、6、9番窓口は、縁起が悪い「死、無、苦」を連想させるので、ありません。

2つある1番窓口でも左側が「本当の1番窓口」といわれているので、特に行列が長くなります。

■1番窓口(左側)の待ち時間
・大安、一粒万倍日(平日):2~3時間
・大安、一粒万倍日(休日):4時間
・それ以外の日:5~10分で買えることもあり

待ち時間的には1番左、1番右、7番窓口の順番で長くなります。

1番窓口は大安や一粒万倍日であれば、2~3時間の待ち時間は覚悟した方が良いでしょう。

さらに休日も重なってくると4時間待ちとなる可能性もあります。

■一粒万倍日とは?

「いちりゅうまんばいび」と呼んで、一粒のモミが万倍にも実るという意味で、とても縁起が良い日。
宝くじを買うのも最適な日と言われています。

7番窓口は1番ほどではなくとも、他の窓口に比べるとラッキーセブンにあやかって比較的列は長くなるようです。

それ以外は基本的にそれほど待ち時間はないと思っていていいでしょう。

平日でかつ大安や一粒万倍日以外の1、7番窓口以外であれば、5~10分程度で購入できると思います。

縁起の良い日でも2、3、5番、8番以降であれば何十分も待つことはなさそうです。

■西銀座チャンスセンターの1番窓口以外で当たるのか?はこの記事にまとめています↓

■宝くじを当てるための買い方はこの記事をどうぞ↓

並ばずに西銀座チャンスセンターの宝くじを買う方法

ここまで、西銀座チャンスセンターの待ち時間を解説してきましたが、実は自分で並ばなくても西銀座チャンスセンターの宝くじを買えてしまう方法があります。

それは「宝くじ購入代行業者」を使うことです。

宝くじ購入業者は、ネットで注文をすると、購入を代行してくれて、郵送で家まで届けてくれるサービスです。

宝くじ購入代行業者で有名どころは、下記の2社になります。

ドリームウェイ

ドリームチャンス

宝くじ購入代行のメリット、デメリットも載せておきます。

■メリット
・ネットで注文できて届けてくれる
・高額当選日本一の「西銀座チャンスセンター」で購入してくれる

■デメリット
・購入手数料がかかる
・支払い方法が事前の「銀行振込」のみ

西銀座チャンスセンターで買いたいけど、並ぶのが手間な人にはおすすめです。

手数料は2社ともに変わらないので、好きな方を選べば良いと思います↓

ドリームウェイ

【ドリームウェイ】

ドリームウェイの詳細はこちらの記事でまとめています↓

ドリームチャンス

宝くじ購入代行はドリームチャンス

ドリームチャンスについては、こちらの記事で詳しく解説しています↓

西銀座チャンスセンターが人気になった理由は?

そもそも西銀座チャンスセンターがこれほど人気の理由は何でしょうか?

西銀座チャンスセンターはオープンから60年を超える歴史ある宝くじ売り場です。

それまでも東京の銀座にある売り場ですから、それなりに販売数は多かったと思いますが、1992年あたりのジャンボ宝くじの初日が転機となります。

このジャンボ宝くじ発売日初日の1番窓口から、見事1等当選者が出たのです!

そこから西銀座チャンスセンターの1番窓口は当たる!と人気が出たようです。

これ以降ほぼ毎年宝くじの1等が西銀座チャンスセンターから輩出されているといいます。

ちなみに1番窓口は2つあり、左の方がより当たりやすいといわれているようです。

1番窓口へ続く列は「億の細道」と呼ばれるほど、宝くじファンにとっては特別なものになっています。

まとめ

■西銀座チャンスセンター1番窓口の待ち時間
・大安、一粒万倍日、土日祝日には3時間以上並ぶことも

■西銀座チャンスセンター1番窓口が人気の理由
・1992年ごろに1番窓口でジャンボ宝くじの1等がでたから
・それ以降もほぼ毎年1等がでている

今年はコロナで収入が減ったり、外出できなかったりと、暗い話題が多かったので、ここでジャンボ宝くじで高額当選して一発逆転したいものです。

売り場全体で1ユニット以上販売している西銀座チャンスセンターですから、1番窓口でなくとも一度は購入してみたい売り場ですね。

■こちらの記事もどうぞ

宝くじ

Posted by takgak