一泊二日の旅行の持ち物リスト|必需品や最小限にするコツも徹底解説

2021年2月27日

楽しい旅行に出かける前に荷物の準備は必須ですね。

僕は学生の頃から旅行が好きで、月に1回は国内外問わずどこかに旅行に行っています!

近場で一泊二日の温泉旅行や山のペンションに泊まったりするのも楽しいですよね。

(ちなみに僕は岐阜、長野あたりの山のペンションに泊まるのが好きで、しょっちゅう行ってます。)

でも、旅行の準備をするのはまだ時間があると思っているうちに、あっと言う間に旅行当日が近づいて来てしまうことも!

それから、一泊二日だと手軽にささっと旅行に行きたいのに、気づけば何が必須のものか分からず、大量の荷物になってしまう!という方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回は手軽に一泊二日で旅行に行く時の持ち物リストをまとめてみました。

荷物をスリムにする為のコツについてもまとめてあるのでぜひご覧下さい!

それでは、準備万端にしてスムーズで快適な旅行を楽しむために、下で詳しくご説明していきますよ!

一泊二日の旅行の持ち物リスト

まずは一泊二日の旅行に必要な持ち物リストを一覧にしてまとめました。

当日間近で時間のない方も、上から順にながめて忘れ物がないかチェックしましょう!

■必須の物

  • 財布(現金、クレジットカード、キャッシュカード、運転免許証、保険証)
  • 鍵(家の鍵、車の鍵)
  • スマホ、携帯電話
  • スマホ、携帯電話の充電器
  • 切符、チケット、予約票(電車や新幹線の切符、飛行機のチケット、ホテルの予約票)
  • 2日目用の着替え
  • メガネ、コンタクト
  • 常備薬
  • メイク道具、化粧品、生理用品 ※主に女性向け

■必須じゃないけどあると便利な物

  • 腕時計 ※スマホで代用可
  • カメラ、ビデオカメラ ※スマホで代用可
  • カメラ用充電器
  • スマホのポータブルバッテリー
  • 移動中用のグッズ(ヘッドホン、イヤホン、耳栓、アイマスク、本) ※本はスマホの電子書籍で代用可
  • ハンカチ、ティッシュ、ウェットティッシュ
  • ビニール袋
  • 衣類圧縮袋
  • 雨具(傘、カッパなど)
  • 防寒具(カイロ、マフラーなど)
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 虫除け
  • 旅行ガイドブック

■ホテル、旅館にあるか確認が必要な物

  • 浴衣、パジャマ
  • タオル
  • ボディソープ、シャンプー、リンス
  • 歯ブラシ、歯磨き粉
  • ひげ剃り
  • ドライヤー

■置いて行ってよい物

  • 大量の服、タオル
  • 要らないカード類
  • 現地で手軽に買える物(お菓子、飲み物、ティッシュ、救急グッズなど)

続いてそれぞれのグッズのポイントについて解説していきます。

必須の物

財布(現金、クレジットカード、キャッシュカード、運転免許証、保険証)

財布
財布は言わずもがな必須アイテムですね。
想定外の事もありますので現金だけでなく、クレジットカード、キャッシュカードも持っておきましょう。
運転免許証は身分証明書としても使えるので携帯しておきましょう。
保険証は旅行中に急な病気やケガで病院に行く可能性があるので必須です。

鍵(家の鍵、車の鍵)

当たり前ですが、家の出入りや車の運転には鍵が必須です。
自家用車を運転しない場合は、車の鍵は置いて行きましょう。

スマホ、携帯電話&充電器

緊急で連絡を取る時や、現地で道順や観光スポットを調べる時に便利。
現代社会から離れて隠遁生活を送りたい人はあえて置いて行ってもいいですが(笑)
一泊二日でもバッテリーは結構食ってしまうので、充電器も必須です。

切符、飛行機チケット、ホテル・旅館の予約票

今は電子化されていてスマホやタブレットから手続きが出来る事も多いですが、紙で手続きされる方は持って行きましょう。

2日目用の着替え

一泊二日の場合は下着や靴下などの着替えを最低1枚ずつは持って行きましょう。
ジーンズや上に着るコート、ジャケットなどは1つでも問題ないでしょう。

メガネ、コンタクト、常備薬

快適に過ごす為にも必要な方は忘れずに持って行きましょう。
常備薬はピルケースに入れて持って行くと便利です。

メイク道具、化粧品、生理用品 ※主に女性向け

女性の方は必須だと思います。
加えて、シャンプー、ボディーソープ、ドライヤーなどは、ホテル・旅館にある場合でもこだわりのある方は持って行ったほうが良いでしょう。

必須じゃないけどあると便利な物

腕時計

腕時計
ささっと時間を確認できるので便利です。
スマホでも代用可能です。
個人的にはかさばらないし便利なんで、腕時計は常に携帯しますね。

カメラ、ビデオカメラ&充電器

こちらもこだわりがなければスマホでも代用出来ます。
大事な旅行の思い出を高画質の写真や映像に残したい方は持って行きましょう。
充電器もセットで持って行くのが大切。

スマホのポータブルバッテリー

一日中野外にいて充電出来ずにバッテリーが消耗してしまった時に。
すぐホテルや旅館で充電出来る環境であれば不要だと思います。

移動中用のグッズ(ヘッドホン、イヤホン、耳栓、アイマスク、本)

移動中の暇つぶしで音楽を聴く時はヘッドホンやイヤホンを持って行きましょう。
飛行機の中で仮眠を取りたい時は耳栓やアイマスクがあると便利です。
本はかさばるので、スマホにkindleなど電子書籍のアプリを入れて持ち歩くと劇的に荷物が減ります。
僕もkindleを使い始めてから目からウロコで今では無くてはならないアイテムです。

ハンカチ、ティッシュ、ウェットティッシュ

旅行中にとっさの場面で役立つアイテム。
かさばらない程度に携帯しておきましょう。

ビニール袋

濡れた服や現地で捨てられないゴミを持ち帰るのに便利です。

衣類圧縮袋

衣類がかさばってバッグに入りきらない時の為に便利なグッズ。

雨具(傘、カッパなど)

出発する前に天気予報を確認して持って行くか決めましょう。
いざという時の為に、折りたたみ傘や小さくたためるカッパを持って行くのも良いと思います。

防寒具(カイロ、マフラーなど)

寒い時期に旅行に行く時は持って行きましょう。
カイロは現地のコンビニで買うことも出来ます。

サングラス

夏に海に行く時や、日差しの強い日に旅行先で運転する時に活躍します。

日焼け止め

こちらも海に行く時や日差しが強い日に野外に出る時に。
物によって紫外線カットの度合いや防水性があるか違うので確認して使いましょう。

虫除け

虫の多い季節に外に出る場合は持って行きましょう。

旅行ガイドブック

観光名所の情報はスマホなどでネットでも見ることは出来ますが、本の方が情報が網羅されていて見やすかったりします。

ホテル、旅館にあるか確認が必要な物

アメニティ
浴衣やパジャマ、タオル、ボディソープなどのアメニティ類はホテル、旅館に置いてあるか事前に確認を取りましょう。
旅館であれば大抵の所は浴衣が置いてあると思います。
ホテルはパジャマを置いてない所も多いです。
アメニティ類はこだわりが無い人であれば、置いていくとかなりの荷物削減になります。

置いて行ってよい物

大量の服、タオル

タオル
一泊二日の場合は2日目の服さえ持っていけば大丈夫。
靴下くらいは濡れた時用にもう1枚予備に持ってもいですが、他の服はそれ以上要らないでしょう。
ホテルや旅館に置いてあるパジャマや浴衣を使えば、さらに必要な服は減ります。
タオルもホテルや旅館に置いてあるところが多いので、その場合は1、2枚予備があれば十分だと思います。

要らないカード類

旅行中に使わないポイントカードなどはかさばるので、財布から出して置いて行きましょう。

現地で手軽に買える物(お菓子、飲み物、ティッシュ、救急グッズなど)

現地で買える物は使うか分からない物もあるので、極力持って行かないのも手です。

旅行カバンの大きさについて

旅行カバン
旅行に行く時は、貴重品類や飲み物などを入れるハンドバッグと衣類などを入れる旅行カバンの2つに分けるのが基本です。

旅行カバンの種類はスーツケース、ボストンバッグ、リュックなどいろいろありますね。

どんな大きさの物を選ぶか悩むところだと思いますが、一泊であればそれほど大きな入れ物は要らないです。

目安としては20~30リットルの大きさで十分です。

リットル数が分からない場合は、出発する時の荷物+帰りのお土産などが入る大きさをイメージして選びましょう。

ちなみに、旅館やホテルでは、チェックイン前でも基本的には荷物を預かってくれるので、早く着いて観光したい人は利用しましょう!

※下の記事も参考にしてみて下さい!

ミニマリストの人も必見!荷物を最小限にするコツ

一泊二日で旅行に行くなら、なるべく身軽に行きたいですよね!

ここでは、荷物がかさばらないようにするコツを3つご紹介します!

なるべく服は着回す

服は最初からかさばらないように最小限を持って行くのが重要です。

例えば、ボトムスはジーンズ1本で2日間履くなど割り切ってしまうのも1つの手です。

僕は旅行に行く時は、ジーンズとジャケットはいつも1つだけしか持って行かない事にしています。

特にアウター・ボトムスはかさばるのでなるべく多く持っていかない工夫をしてみましょう。

それだけでかなり楽になりますね。

服のたたみ方を工夫する

服はたたみ方次第でカバンに入る量がだいぶ変わってきます。

方法としては、トップス、ボトムスなど大きい服は棒状にクルクル丸めて入れましょう

そしてその隙間に靴下など小さいものを入れるとだいぶコンパクトに収納できますよ。

この方法、本当に容量が小さくなるので最初にやったときはかなりびっくりしました。

帰りのお土産を入れるスペースを考える

これは僕が学生の頃にやった失敗の教訓です。

電車で友達と温泉旅行に行った時に、行きの荷物がぴったり入る分のカバンで行ってしまったため、

帰りは両手にいっぱいのお土産を抱えて帰ってくるはめになったので、かなりげんなりした思い出があります。

まぁお土産をいっぱい買わなければよかったんですが(笑)

なので、帰りもスムーズに帰って来る為に、お土産を入れる分の余裕があるカバンで行きましょう!

出発直前の確認事項

ここまで一泊二日の旅行に必要な持ち物と旅行カバンについて説明してきましたが、旅行が成功するかどうかは出発直前に持ち物や家の戸締りなどの最終確認が重要です。

出発直前に行う確認事項をリストアップしたので、参考にして下さいね。

CHECK
  • 持ち物は忘れずに準備出来ているか
  • 家の電気を消しているか
  • 火の元の始末が出来ているか
  • 洗濯物を取り込んでいるか
  • 家の戸締りが出来ているか

まとめ

楽しく快適な旅行の楽しむためにはしっかり準備をする事が重要ですね。

一生に一度の良い思い出を作るためにも、ぜひ参考にして頂ければと思います。

それでは良い旅を!

スポンサーリンク

旅行

Posted by takgak