発泡スチロールの上手な切り方や接着方法を紹介!

子供の工作や、最近では軽くて丈夫な素材としてDIYでも使われる発泡スチロール。

でも厚みがあるし、ハサミだと断面がガタガタになっちゃって、綺麗に切れませんよね。

くっつける時もボンドやテープ類だと上手くくっつかないし・・・

そこで今回は発泡スチロールの上手な切り方と接着方法を解説します。

発泡スチロールの上手な切り方

発泡スチロール

早速発泡スチロールを上手に切る方法を調べてみました。

あくまで綺麗に切る方法ですので、今回はハサミで切る方法は除きます。

専用のカッターで切る

発泡スチロール専用のカッターがあります。

ホームセンターや100均などで販売されています。

【動画】

電池やUSB接続でワイヤーに電気を通し、熱の力で発泡スチロールを溶かして切る道具です。

直線、曲線問わず、綺麗に切ることができます。

密度の高いもの、厚めの発泡スチロールだと溶けるのに時間がかかることがあります。

切断するワイヤー(ニクロム線)は熱くなるので、直接触らないように気を付けてください。

カッターで切る

普通の紙などを切るカッターを使用して切る方法です。

カッターはなるべく刃の幅が広い物の方が、歪みにくく切りやすいと思います。

厚めの発泡スチロールだと、刃が挟まれて上手く切れないので、2回位に分けて切ると綺麗に切れます。

包丁で切る

カッターがない時に代用できるのが包丁です。

出刃包丁だと厚みがあり切りにくいので、ステンレス製の刃の薄めの包丁が切りやすいと思います。

ノコギリで切る

ノコギリは切断面にギザギザがついているため、カッターや包丁よりも切りやすいです。

しかし、普通ノコギリは左右に刃が分かれているため、発泡スチロールを切ると、切断面がデコボコになりやすいです。

またカスが大量に出ます。

綺麗に切りたいならば、刃が左右に分かれていない「ダボ切り」「細工用」と書かれたノコギリがおすすめです。

切り方は普通の木材を切るように、引く時に力を入れると切りやすいです。

発泡スチロールの接着方法

次は切った発泡スチロールをくっつける段階に入ります。

普通の糊やボンドだとくっつきにくいですよね。

でも発砲スチロールの性質に合った接着剤を使う事で、簡単にしっかりとくっつける事が出来ます。

発泡スチロール専用接着剤

手っ取り早いのが、発泡スチロール専用の接着剤を使う方法です。

専用なので、発泡スチロールの性質に合っているため溶ける事なく、接着力も良いです。

接着できる物は、選ぶ接着剤によって違ってきます。

発泡スチロール自体はポリスチレンという素材です。

プラスチックっぽい素材ではありますが、接着剤によってはポリプロピレンやポリエチレンなど、名前が似ていても使えない材質もあるので注意が必要です。

セメダインの発泡スチロール用接着剤です↓

強力両面テープ

平面同士であれば、両面テープでくっつきます。

100均などで売っている粘着力の弱い物では、すぐに剥がれてしまいます。

粘着力が強力なもの、プラスチック製に適した両面テープを選びましょう。

液体の接着剤よりも、ピッタリの長さを用意でき、一気に広い面を接着する事が出来ます。

ただしデコボコしている場所には使いづらい難点があります。

発泡スチロールにも使えるプラスチック用両面テープです↓

発泡スチロールに瞬間接着剤はNG?

すぐにくっつけたいなら「瞬間接着剤使えばいいじゃん」と思うかもしれません。

しかし、瞬間接着剤はすぐにくっつけるために急速に接着剤が硬化する性質があります。

この硬化反応が起きる時に高温になるものがあります。

そうすると、熱に弱い発砲スチロールは溶けてしまい、くっつけるどころか、発泡スチロール自体の形を変えてしまう事になります。

瞬間接着剤でも、ポリスチレン素材が対応しているものなら接着できますので、用途を良く確認して選びましょう。

まとめ

■発泡スチロールの切り方

・専用カッターで切ると、直線曲線問わず簡単に切れる

・ニクロム線は熱くなるので、火傷には注意

■発泡スチロールの接着方法

・専用接着剤か、強力両面テープがおすすめ

・発泡スチロール用の両面テープも専門店や通販で購入が可能

・瞬間接着剤は溶ける危険があり避けるべし

専用接着剤で不安な時は、接着部分に針金を刺して補強するという手もあります。

強度が必要な時は、無理に発泡スチロールだけをくっつけようとせず、+αで強度を保てる工夫が必要なようです。

スポンサーリンク

道具

Posted by takgak