簡単な蒸しタオルの作り方!美容、健康に効果的な蒸しタオルを作ろう

2021年2月27日

美容室の最後に首の後ろに当てられる蒸しタオル

程よい熱さでとても気持ちいいので、美容室での密かな楽しみにしているのですが、あれを家でも体験したいと思いました。

でも美容室やエステの様に専用の機械があるわけでもないので、今回は家でも手軽に蒸しタオルを作れる方法を紹介します!

レンジでできる蒸しタオルの作り方

蒸しタオル

「蒸し」と聞くと蒸し器が必要なのかな、と思うかもしれません。

しかし、我が家には蒸し器という大それた調理器具はありません 笑

ということで一番簡単な方法、レンチンをご紹介します。

POINT
<電子レンジでの蒸しタオルの作り方>

  • タオルを水で濡らし、硬く絞る
  • 小さめのポリ袋に入れて、余った部分は下に折りたたむか、軽めに縛る(ラップで緩めに包んでもOK)
  • 500~600Wで約1分チンする
  • 袋から取り出し、放置するか広げて適温にする

たったこれだけなんです!

チンした後の袋やタオルはとても高温になっているので、ヤケドに注意して扱ってください。

お湯でできる蒸しタオルの作り方

旅行先や出張先でちょっと疲れを取りたいという時などにできる蒸しタオルの作り方です。

POINT
<お湯での蒸しタオルの作り方>

  • 50℃くらいの熱めのお湯を洗面器などに溜める
  • 乾いたタオルを浸す(この時、端っこ5cmくらいは濡らさないでください)
  • 濡れていない部分を持ち、水気を絞る

これで出来上がり!

もし濡れているタオルを使う時は、タオルがお湯の温度を下げてしまうので、気持ち熱めのお湯がおすすめです

宿泊先にレンジが無くても、お湯の出る蛇口さえあればすぐにできるので、是非試してみてください!

蒸しタオルにはいろんな「良い効果」がある

蒸しタオルでほっこり

テレビCMで「蒸しタオル美容法」と聞いたことがありますか?

蒸しタオルを使うだけで綺麗になれるなら、それは嬉しい限りですよね。

蒸しタオルには美容だけでなく、健康にもとても良い効果があるようです。

蒸しタオルによる血行促進

温かい蒸しタオルは、当てた肌を直接温めてくれるので、血行促進効果があります。

血行が良くなると、肌の新陳代謝が正常になり、新しい綺麗な肌を作り出してくれます。

また、温めるとリンパの流れも良くなり、むくみの解消にもつながります。

汚れを取りやすく、栄養も入れやすい肌になる

いくら高い化粧水やクリームを塗っても、塗る前の肌が汚れていたり、毛穴が詰まっていては、美容成分は入っていきません。

蒸しタオルは温かい蒸気が毛穴を開いてくれるので、洗顔前に蒸しタオルをすると汚れが落ちやすくなります。

また、綺麗になった毛穴や肌ならば、きちんと水分や美容成分も浸透してくれるので、基礎化粧品の効果も今まで以上に実感できると思います。

くすみが解消される

肌のくすみは色々な要因がありますが、乾燥や血行不良によるものが大きいです。

乾燥により肌のキメやハリが乱れが影になり、肌が暗くくすんで見えます。

血行不良になると、毛細血管が青白く透けて見えるため、くすんだ印象になります。

蒸しタオルで肌の新陳代謝を正常にし、化粧水などの水分を入りやすくすることで、乾燥や血行不良を改善、肌のくすみも解消されるのです。

リラックス効果

眼精疲労や、肩こりなどの体の不調にも、蒸しタオルは効果があります。

1日中パソコンとにらめっこで目は疲れるし、ひどい肩こり

家に帰ってお風呂に入って、さあ寝ようと思っても、目や肩がツラ過ぎて寝付けない。

僕もパソコンを使うことが多く、よくこの状態になってしまいます。

目の周りや肩周りの筋肉が硬直して、お風呂に入ったくらいでは血行不良は改善されなかった時、蒸しタオルの出番です。

温かい蒸しタオルで、ガチガチに凝った目や肩に乗せてみてください。

滞っていた血流、固まった筋肉がほぐれてくれるので、痛みが和らいでくれます。

また、温かさでリラックスできるので、副交感神経が優位になり、入眠しやすい状態を作れます。

まとめ

  • 蒸しタオルの簡単な作り方
  • ポリ袋に入れて1分チン
  • 熱めのお湯に浸して絞る

美容室で最後に蒸しタオルを使うのは、顔についた髪の毛やクリームなんかを拭くためだと思っていました。

でも美容室って意外に座ったままで動かないでいるので、疲れてしまうので、最後に蒸しタオルの温かさでリラックスしてもらう意味もあるのかもしれませんね。

蒸しタオルで温めるということは、美容にも健康にもメリットがとても多いことが分かりました。

レンジでチンするだけで、んな恩恵を受けれるので是非皆さんも蒸しタオルを作ってみてくださいね!

スポンサーリンク