女性一人で立ち食いそばに行けない人へ!ゆで太郎でおすすめの楽しみ方!

2021年5月23日

簡単にササっと食事を済ませたい時にぴったりの「立ち食いそば」。

安い、早い、うまいでまさに日本の元祖ファストフードと言えますね!

駅で電車を待っているちょっとした待ち時間に食べられるので、個人的にはとても重宝しています。

それに出汁や麺にもこだわっていて安くて本格的な味を楽しめる店も多くありますよ!

そんな立ち食いそばですが、特に女性の方にとってみると、「女性一人で立ち食いそばに行くと変だと思われるんじゃないか?」という気持ちが先行して、一人で行ってみたいけどなかなか行けない!という方も多いのではないでしょうか。

たしかに昔であれば、立ち食いそば屋と言えば、男性サラリーマンの聖地みたいな感じでしたが、今では店内が綺麗に改装されて女性でも入りやすいお店が増えてきているので、女性一人でもおすすめできますよ~。

ということで今回は、一人で立ち食いそばに行けない!という人に楽しみ方を全力で解説します!

スポンサーリンク

一人で立ち食いそばに行くのは変なのか?

悩む女性

特に女性の方にとっては「一人で立ち食いそばに行くのは変だと思われるのでは?」という不安を抱いている人も多いのではないかと思います。

だけど、僕の意見としては、女性一人で立ち食いそばに行くのは全然変ではないと思います!

僕がそう思うのは下記のような理由からです。

  • 立ち食いそば屋に行くと女性客も多くいる
  • 年代問わず女性客はいる
  • 食券式の店が多いので、店員さんとあまり話すが必要がない
  • そもそも立ち食いそば屋で周りの客のことを気にしていない

実際、僕が立ち食いそば屋に行くと意外にも女性客は多いですね。

学生のような人や仕事中っぽいスーツの女性もいたりします。

それから食券式の店が多いので、店員さんとあまり話す必要もないです。

食券を買って店員さんに渡すだけなので簡単です。

それに、そもそもですが、立ち食いそば屋でどんな人が入って来たとか何を食べてるとか気にしてる人はいないと思います。

早くそばを食べて電車に間に合わせるのにみんな必死なので(笑)

それでも心配だという方もいるとは思いますので、Yahoo知恵袋に「立ち食いそば屋に女性が一人で入ってもいいのか?」という質問に対して意見が載っていたので紹介します!

1人で入れます。今もOKですが、若い時から入れましたよ。
立ち食いそばに入る人は、時間が無い人や男性が多いので、多分、廻りは気にしていない(気にならない)と思います。私も「あの人○○だ・・・」なんて思ったことないし。

大抵のところは、一人でもOKです。(居酒屋チェーン店や高級レストランは無理ですが)※Yahoo知恵袋より

私も、一人で入ります。な~んか美味しそうなのよね~・・・・・・
食券買って・・・店の人に出したら
けっこう早くでます。人の事なんて気になりません。
最初の一回入ったら、後は平気になれますよ。(^^♪※Yahoo知恵袋より

とはいえ、男性サラリーマンのイメージが強い立ち食いそば屋に何も知らずに一人で突っ込んでいくのは、心理的なハードルがかなり高いと思います。

それに食券式の店が多いので、それが良い事でもあり、始めての人にとっては方法が分からず入りにくい原因になっているかもしれません。

なので、ここからは立ち食いそばチェーンで店舗数日本一の「ゆで太郎」を例にして、初めての方にも分かるようにゆで太郎での注文の流れをご説明しましょう!

立ち食いそば屋「ゆで太郎」での注文の流れ

ゆで太郎の外観

それではここから、立ち食いそばチェーンの「ゆで太郎」を例にとって注文の流れを説明していきます!

ちなみにゆで太郎は店で粉から製麺し、「挽きたて、打ちたて、茹でたて」の本格的なそばを提供しているんですよ~。

では解説していきます!

券売機で食券を買う

まずお店に入ったら券売機で食券を買いましょう。

僕が行った店舗には、お店の外に券売機がありました。

そばのメニューやトッピングを選びましょう。丼物や日替わり定食もありますよ。

ゆで太郎の券売機

店員さんに食券を渡して席に着く

お店に入ると店員さんに食券を渡す場所があるので、そこで食券を渡しましょう。

店員さんから食券の半券をもらえます。

料理が出来た時に、この半券の番号で呼ばれるので取っておきましょう。

ゆで太郎の受付

ゆで太郎の食券

半券を取ったら好きな席につきましょう。

と、ここで気づいた方もいると思いますが、ゆで太郎は立ち食いそば屋と言いながら、ほとんどの店舗は椅子があります!!

個人的には、立ち食いより座って食べるに越したことはないので、こっちの方がいいです(笑)

ゆで太郎の席

注文した物が出来上がったら受取口へ取りに行く

料理が出来たら、半券の番号で呼ばれるので取りに行きましょう。

席に着いてからあまり待つことなく呼ばれました。

混み具合にもよりますが、何を頼んでも比較的スピーディーに提供されると思います。

調味料が置かれているコーナーがあるので、七味などをお好みでかけましょう。

ゆで太郎の調味料

席に戻ったら早速いただきましょう!

食器を返却する

食べ終わったら食器を返却口へ持って行きましょう。

立ち食いそば屋「ゆで太郎」のおすすめポイント

続いて僕がおすすめするゆで太郎の楽しみ方をお伝えします!

おすすめメニュー

まずは僕のおすすめメニューです。

■ミニ丼セット (税込690円)

ゆで太郎のカツ丼セット

ゆで太郎にはそばだけではなく、かつ丼やカレーなどといったご飯物もあります。

そばもご飯物も食べたい!そんな時におすすめなのが「ミニ丼セット」です。

ミニ丼セットはその名の通り、そばとミニサイズのご飯物がセットになっていて、そばは温そばと冷そばから、ご飯物はかつ丼・とり舞茸天丼・海老天丼・カツカレーから選ぶことができます。

ミニ丼セットは僕もよく頼みます。

その中でもおすすめは温そばとミニかつ丼の組み合わせです。

ゆで太郎のかつ丼はだしが効いていてかなり本格的です。

しかもこのミニ丼セット、日替わりで「徳セット」として100円引きで提供されます。

たまたまこの日の徳セットはミニかつ丼セットだったため、100円引きの恩恵を受けることができました。

■肉舞茸そば (税込500円)

ゆで太郎の肉舞茸そば

舞茸の旨味がたっぷりです。

この日はかき揚げ(税込100円)もトッピングしてみました。

店内で揚げているそうで、熱々でサクサクです!

そば湯

ゆで太郎のそば湯

おそばをいただいた後のそば湯は外せませんよね。

ゆで太郎では席にそば湯が入ったポットが置いてあります。

そのまま飲んでもよいですし、残ったそばつゆに入れて飲んでもおいしいです。

スポンサーリンク

まとめ

立ち食いそば屋も時代の流れなのか綺麗な店が増えてきて、女性が入りやすくなっているのはとても良い事だと思います。

美味しくてささっと食べられる立ち食いそば屋に躊躇して入れないのはもったいない事ですね。

今回解説したように、入店してから注文の流れを一度経験してしまえば、二度目からはとても簡単に入れると思いますよ。

ぜひ立ち食いそば屋に行ってみてくださいね!

■こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク