【電気シェーバー VS カミソリ】結局どっちがいいの?コスパ、剃り心地は?

男性の身だしなみの1つであるヒゲ剃り。

剃り残しや肌荒れが見えると、清潔感が無く第一印象も悪くなってしまいます。

毎日剃ってもすぐ青くなってしまう人もいれば、何日かに1回剃れば大丈夫という薄い人もいます。

ヒゲ剃りは電気シェーバー派とカミソリ派と分かれると思いますが、結局のところどちらを買えばいいのでしょうか?

コスパや剃り心地など色々な観点からどちらを選ぶべきか比較してみました。

電気シェーバー VS カミソリ【深剃り対決】

ヒゲ

ヒゲを剃るのが1番の目的ですから、まずは深剃りについて比較したいと思います。

ズバリ深剃りについては「カミソリ」が勝ちです。

カミソリは直接肌に刃の切断面を当てているため、毛の根本から深剃りができます。

一般的な電気シェーバーは、外側の滑らかな編み目(外刃)の間に入った毛を、鋭い刃(内刃で)が切っているイメージ。

外刃を挟んでいる分、どうしてもカミソリよりは若干浅く剃ってしまいます。

電気シェーバー VS カミソリ【コスパ対決】

シェーバー、カミソリのコスパ

皆さん剃り心地と同じ位気になるであろう価格、コスパについてです。

言うまでもなく、電気シェーバの方が断然高価ではあります。

では長い目で見たら、どちらがお得なんでしょうか?

ドラックストアやスーパーなどでよく見かけるT字カミソリと、アマゾンのメンズシェーバーのランキング1位の商品で比べてみましょう。

カミソリ↓

電気シェーバー↓

・カミソリはジレットの5枚刃、替え刃3個付き 1,880円

・電気シェーバーはパナソニック ラムダッシュ3枚刃 7,994円

これを1年使い続けた時、お得になるのはどちらでしょう?

<カミソリの場合>

カミソリの交換の目安は1か月とありました。

つまりこの3枚の替え刃付きのカミソリで4か月持つ計算になります。

その後、替え刃だけを購入したとして、このカミソリの替え刃が10個約4,000円で販売されています。

つまり2年間このカミソリを使い続けると、

本体と4か月分の刃1,880円+20か月分の替え刃8,000円=9,880円

<電気シェーバーの場合>

電気シェーバもカミソリほどではありませんが、内刃と外刃を交換する必要があります。

ラムダッシュの場合は外刃は1年、内刃は2年ごとに交換が推奨されています。

外刃が約4,000円、内刃は約3,000円で販売されており、2年間で外刃2回、内刃1回の交換だと、、、

本体7,994円+外刃8,000円+内刃3,000円=18,994円

2年間使用すると、コストは約2倍かかることになります。

コスト面ではカミソリの勝利です。

スポンサーリンク

電気シェーバー VS カミソリ【肌へのやさしさ】

シェーバー、カミソリの肌への優しさ

毎日使うものですから、肌への刺激も気になるところですね。

これははっきり言って電気シェーバーの一択です。

カミソリは直接刃で皮膚を擦っている状態です。

しかもヒゲは体毛の中でも一番硬いので、他のムダ毛を剃る時よりも力が入ってしまいます。

より強い力で毎日皮膚を鋭い金属で削っているのです。

肌にとっては、すごい刺激です。

電気シェーバーは外刃の隙間から入ったヒゲを、内刃で剃っています。

ですから、皮膚に直接刃の断面が触れにくくなっています。

また最近の電気シェーバーは有能で、ヒゲの濃さを感知して、薄いところはパワーを抑えて、濃いところはパワーを上げて剃ります。

カミソリは基本的に同じ力で剃るので、ヒゲが薄いところにも余計な力が入ってしまいます。

肌へのやさしさを考えたら電気シェーバーの方が断然おすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

■電気シェーバーVSカミソリ どっちがいい?
 ・深剃り→カミソリ
 ・コスパ→カミソリ
 ・肌へのやさしさ→電気シェーバー

このような結果になりましたが、電気シェーバーはカミソリの様に刃がむき出しにならないので、安全に持ち運びでき、出張などには持っていきやすい利点があります。

接客業などで夕方青くなっては困る!という人はカミソリか、電気シェーバーでもより深剃りできるランクの高い機種をおすすめします。

僕は特に営業や接客業ではないので、電気シェーバーで手軽に安全に剃れる方が好きです。

■こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

道具

Posted by takgak