電気シェーバーの選び方を伝授!ひげ剃りを快適にする相棒に出会おう!

男性にとってひげ剃りは重要な身だしなみの1つ。

ひげの濃さや生えるスピードは人によって違います。

肌が強い人なら何でもいいでしょうが、僕はひげが結構濃いのに肌は弱いという難しい肌質。

毎日カミソリで剃るとすぐに荒れたり、赤くなったりするので、電気シェーバーは僕にとって手放せないアイテムです。

何台もの電気シェーバーと付き合ってきた僕が、電気シェーバーの選ぶポイントを伝授します。

電気シェーバーの選び方のポイント

ひげ剃り

電気シェーバーの選び方にはいくつかのポイントがあります。

自分に合ったシェーバーと出会うために、次の3つに注意して商品選びしてみてください。

家以外で使う頻度

家で使う分には、多少重くてもいいと思います。

ただし、出張や旅行が多い人には、小さくて軽いシェーバーの方が断然おすすめ。

また出張や旅行先で使う人には、電池式がいいでしょう。

宿泊先で電源をとれる場所の近くに鏡が無かったりすると不便なので。

駆動方法

駆動方法とは、どういう仕組みでひげを剃っているか。

主に3つに分けられて、簡単に言うと下記のような特徴があります。

 

 ・往復式:パワーがあって早く剃れる。音が大きい

 ・回転式:ソフトな剃り心地で敏感肌向き。音は一番静か

 ・ロータリー式:深剃りできるが、肌に刺激がある。音は割と静か

防水性能

電気シェーバーを使うのは洗面台やお風呂を使うことが多いと思います。

防水にも色々あって、刃の部分を水洗いできるからといって、シェービングジェルを付けて使用する、またはお風呂で使用できるとは限りません。

肌が弱い人は、剃ってすぐの乾燥や荒れを防ぐために、ジェルやフォームを塗って剃りたいと思います。

そういう人は防水性能が備わった機種を選びましょう。

お風呂の浴槽に落としても、シェーバー内部に影響がない「IPX7」という基準を合格しているもの、または「100%防水」とあるものが安心です。

そのまま何もつけずに水気のない場所で剃る人は、防水は気にしなくても大丈夫だと思います。

電気シェーバーのおすすめ商品

選び方は分かったけれど、大量に並ぶ家電屋さんで自分で選ぶのは大変、通販だとどのページから見たらいいか・・・という人のために、僕のおすすめの電気シェーバーを紹介します。

もちろん価格が高い商品はそれだけ色々な機能が備わっていますし、使い心地は良いのは当然。

しかし、そこまで上位機種でなくても、十分良い電気シェーバーには出会えるんです。

フィリップス 7000シリーズ

皮膚科医と共同開発した、肌へのやさしさと深剃りを両立させたモデル。

フィリップスの代名詞ともいえる、独立した3つのヘッドが顔になめらかにフィットして、剃り残しをなくします。

アプリを入れれば、スマホでパワーを自分好みに調整もできます。

パナソニック ラムダッシュ 3枚刃 ES-ST2S-W

お風呂剃りに特化した電気シェーバー。

高速リニアモーター搭載で、お風呂で水に濡れている状態でもパワーが落ちない。

洗顔フォームやボディソープを水と一緒に手のひらに置き、シェーバーを当てると、もこもこの泡ができます。

ひげの濃さを自動感知し、濃いところはパワフルに、薄いところは優しく剃り上げてくれます。

IZUMI Z-DRIVE ハイエンドシリーズ 往復式シェーバー 4枚刃

安心の日本ブランド、コスパもいいのも魅力。

耐久性の強い刃で力強く剃り上げてくれ、毎日使っても3年間刃の交換不要。

充電アダプターに差し込めば、自動で洗浄・乾燥してくれちゃう優れもの。

1度充電すると4週間持つので、出張や旅行にも便利です。

剃り残しは社会人として致命的!

最近では男性も通える脱毛サロンも多いです。

全身ツルツルという人はあまりいないかもしれませんが、ひげだけ、スネやワキなどの濃いところだけと、部分的に脱毛している人は多いようです。

そんな脱毛男子が増えている中で、剃り残しがあったら、今まで以上に「あの人不潔、身だしなみができていない」と思われてしまいます。

そう思われないように、電気シェーバー選びは男性にとってとても重要なアイテム選びなんです。

まとめ

■電気シェーバーの選び方
 ・家以外で使う頻度
 ・駆動方法
 ・防水性能

電気シェーバーを持っている人は、毎日、毎朝使っている人がほとんどだと思います。

毎日の始まりにお世話になる電気シェーバーですから、自分のひげ質、肌質、使う時の状況にあったものを選びたいものです。

スポンサーリンク

道具

Posted by takgak