ライザップの実践中に食べていいもの!お菓子は絶対NGなのか!?

2021年8月19日

ライザップ(RIZAP)には興味があるけど、短期間で痩せるために食事がキツイって噂を聞いたことありませんか?

ブロッコリーとササミしか食べれない・・・とか。

いくら短期であっても、僕だったら2か月もブロッコリーとササミだけは無理ですね(笑)

同じような食材ばかりだったら、僕のような凡人・根性なしサラリーマンは100%挫折します!

でもライザップの実践中は、本当に同じようなものしか食べてはいけないのでしょうか?

そんな疑問にお答えすべく、今回はライザップの実践中でも食べてもいい食材やお菓子についてまとめてみました。

「意外とこんなものも食べていいんだ!」と感じるかもです!

ライザップを実践中に食べていいものまとめ

RIZAP(ライザップ)実践中に食べていいもの

ではさっそくですが、ライザップの実践中でも食べていいものを紹介したいと思います!

下に食べてOKのものと、NGのものをまとめてみました。

■OKのもの

・肉     肉類全般
・魚     サケ、マグロ、サバ、アジ
・豆     納豆、豆腐、豆製品、枝豆
・ナッツ アーモンド、カシューナッツなど
・野菜、海藻 葉物野菜、キノコ、海藻全般

■NGのもの

・穀類     全般的に✕
・果物     全般的に✕
・野菜     根菜類、玉ねぎ、カボチャ、トマト

食べていいものは、タンパク質のために、肉や魚、大豆製品を積極的に摂ります。

ビタミンやミネラルは、糖質の低い葉物野菜海藻類で補います。

それから、NG食品に関しては、絶対に食べてはいけないという訳ではないようです。

低糖質とは言っていますが、糖質は脳のエネルギー源であるため、完全にシャットアウトすることは体にとって危険です。

しかし、今まで通りの量、好きな量を食べると、余った糖質は結果的に脂肪となって蓄えられます。

また野菜はダイエットに良い感じがしますが、全部がOKではないです。

根菜類(ゴボウ、ニンジン、大根など)イモ類トウモロコシは糖質が高いので、あまり摂らない方が良いです。

ライザップ実践中に食べていいお菓子は?

この記事を読んで下さっている人の中には、「ライザップ中はお菓子は食べられないの!?」と思っている人もいるのではないでしょうか?

実は、ライザップ実践中でも食べていいお菓子はあるんです!

それは次の2つです。

・カカオ75%以上のチョコレート

・クエストバー

カカオ75%以上のチョコは、市販でもいろいろと売っていると思います。

明治のチョコレート効果などがおすすめですね。

2つ目のクエストバーですが、こちらはプロテインがたっぷり入っているお菓子です。

アマゾンや楽天でも取り寄せられますよ!

ライザップの食事法の基本は?

ライザップ中の食事は低糖質かつ高タンパクが基本となります。

・糖質は1日に50g以下にする

・タンパク質は1食15g以上にする

・食物繊維を1日20g以上にする

・良質の油を摂る

糖質を50g以下にするのが結構きついと思います。

普通のお茶碗1杯(150g)だけで、糖質50gはオーバーです。

食パンは8枚切り1枚で、糖質20g。

6枚切り、4枚切り、デニッシュ系だとそれ以上の糖質が含まれています。

ちなみにジャガイモの標準的な大きさ1個(150g)で、糖質25g程度です。

糖質は減らせばいいのですが、問題はタンパク質です。

一般的なタンパク質の量は下記になります。

・焼き鮭(70g)1枚→15g

・卵1個→12g

・牛乳コップ2杯→13g

・納豆1パック→12g

・ササミ1本(55g)→約10g

なかなか毎食15gって大変だと思います。

ちなみにササミだけで1日のタンパク質を摂ろうとすると6本になります。

手軽にライザップ飯を作るために

普段ほとんど料理をしない人、トレーニングしながら食事も考えなければいけないとなると、結構大変ですよね。

そういう人のために、ライザップがサポートミールというチンするだけの冷凍のお弁当を販売しています。

7食分か14食分で、メインを肉と魚から選んだり、飽きないように組み合わせたセットもあります。

これさえあれば、仕事や学校から帰って疲れていても、レンジに入れるだけでライザップが推奨する栄養バランスの食事が摂れます。

1食900円弱なので、普段から夜は外食が多かったという人なら、逆に節約になるかもしれませんね。

余裕がある時は、サポートミールの写真を撮っておいて、食材や野菜の種類などを真似て作ってみるといいかもしれませんね。

また、ライザップに入会すると、食事のガイドブックがもらえます。

多少は料理が出来る、買い物に行く時間があるという人、また奥さんが作ってくれる人などは、このガイドブックをもとに食材選びやレシピを考えましょう。

OK食材、NG食材、食材ごとの糖質量、タンパク質量が一目で分かります。

また、間食していい食べ物や、コンビニで買える低糖質食材なども紹介しています。

まとめ

■ライザップを実践中に食事で食べていいもの

・肉、魚、大豆からタンパク質をたっぷり

・葉物野菜、海藻などから食物繊維たっぷり

・穀類、根菜、果物は控えめに

コンビニ飯でも食べていいものがあると、忙しい人には助かりますね。

ライザップは高額なレッスン料がかかるので、なるべく情報を集めてから始めたいのではないでしょうか?

そこそこ意思の強い人なら、今回のOK食材とタンパク質量などを駆使して、軽いライザップ体験が家でもできるかもしれません。

■こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク