粉チーズが冷蔵庫で固まった!?上手くほぐす方法とは!

2021年2月27日

僕は、粉チーズは大好きで自宅にも常備していますが、ちょっと使わないでおくとすぐ固まってしまったりします。
常温保存が適切ですが、夏季の高温多湿の環境では悪くなるからと冷蔵庫に粉チーズを保存してしまう人も多いかと思います。

そして冷蔵庫から出して使おうとすると、粉チーズが固まっている‥。
すぐ使えなくて困りますね。

今回は、粉チーズが固まっているときのほぐす方法をご紹介していきます。

ミートソースやナポリタンに粉チーズをかけると料理が引き立ちますね。
トマトとの相性もよく、かけるだけで特別感も出せます。

では、みていきましょう。

どうして粉チーズは固まるの?

粉チーズ

どうして冷蔵庫に粉チーズを入れておくと固まるのか?
粉チーズが固まる原因は、湿気です。

粉チーズのボトルの裏面を見ると、「高温多湿をさけて保存してください」
「固まった場合は常温に置いてください」と注意書きがあります。

私たちは、つい「高温多湿に注意」となると冷蔵庫に保存してしまう傾向にあります。
確かに、冷蔵庫は高温ではありませんが、多湿ですね。
冷蔵庫を開け閉めすると温度差で湿度も発生し、物が腐る程度の湿度があります。

冷蔵庫に入れても固まらない方法は下でご紹介しますね!

固まった粉チーズをパラパラにする方法

粉チーズ

固まった粉チーズをパラパラにする方法は、「しばらく常温に置いて置く」です。
しかし、1,2分などではパラパラにならないので、粉チーズ使う予定の料理をするときは、
最初に出しておくようにすればいいですね。

冷蔵庫に保存の人は、最初に冷蔵庫から出すことを忘れずにすれば、料理が出来る頃は、粉チーズが温まってパラパラになっていることでしょう。

夏は、冷蔵庫のとの気温差で粉チーズのボトルに湿気を呼ぶことがあります。
冬は、気温が低いので(室内やキッチンは暖かいかも)少し時間がかかるかもしれません。

その場合は、ぬるま湯を入れたコップに粉チーズを容器ごと入れて強制的に温めるとすぐにパラパラになります。
粉チーズの容器は、濡れないようにビニール袋に入れて温めるといいでしょう。

急いでいるときは、粉チーズのボトルを振ると早くほぐすことができます。

粉チーズが固まらない保存方法1

粉チーズが固まらない保存方法は、常温の場合ボトルを逆さまにして置いておくと、湿気が入りにくくなるようです。

冷蔵庫に保存の場合は、キャップの内側にラップを巻いて保存。

湿気を入りにくくするために、キャップを一度取って、内側にラップをします。

毎回キャップとラップを外すのが手間ですが湿気は防げます。

ボトルごとラップを巻いて冷蔵庫に保存する方法もあります。
これなら、ラップをめくるだけなので手間は少なくてすみそうですね。
 

粉チーズが固まらない保存方法2

もう一つの保存方法は、冷凍保存です。

冷凍保存だと痛みにくいので長期間保存したいときにおすすめです。

冷凍保存しても固まらないうえに、味や風味も落ちないようです。

少人数の家庭だと、粉チーズはボトル一本なかなか使い切るのは難しいので冷凍保存が良いですね。

「冷凍したらカチカチに凍ったりしないの?」と思う人もいるかもしれませんが、粉チーズは水分が少ないのでカチカチに凍ることはありません。

冷凍保存の仕方は簡単で、市販の粉チーズならそのまま冷凍庫に入れてOK。

ジップロックなどの密閉できる袋に入れて冷凍保存すると、清潔を保てていいですね。

袋に入れることで冷凍庫に粉チーズの匂いが充満するのを防いでくれます。

冷凍した粉チーズはそのまま使えますし、冷たさが気になるなら常温で少し置いてから使いましょう。

最後に粉チーズを使ったカルボナーラの作り方の動画がありました。

参考にしてください。

まとめ

1、粉チーズが固まる原因は、湿気。
2、固まった粉チーズをパラパラにする方法は、「しばらく常温に置いて置く」
3、常温の場合ボトルを逆さまにして保存すると湿気が入りにくくなる。
4、粉チーズは冷凍保存もおすすめ。

粉チーズはできるだけ常温で保存します。
冷蔵庫に保存だとどうしても固まってしまいます。
あまり高温多湿や直射日光が当たる場所での保存は傷む原因になるので避けましょう。

長期間保存したいときは冷凍保存がおすすめです。
冷凍してもカチカチに凍ることはありませんし、味や風味が落ちることもなく美味しく保存できます。

粉チーズが固まっていたら、常温で20~30分放置するとパラパラになります。
急いでいるときは粉チーズが入っている容器を振ると固まりが解消されますよ。

それでは!

スポンサーリンク