ペットボトルキャップの売り方!本当に売れるのか解説します!

2021年5月30日

分別して大量に溜まったペットボトルキャップ

近くのスーパーの回収箱に入れていたのですが、そこで回収しなくなってしまい、近場で捨てられる場所が無くなってしまいました。

そんな時、ペットボトルキャップが売れるらしいという噂を耳にしました。

一体どういうルートで売れるのか、売り方や売った後は何に使われているのか解説していきます!

スポンサーリンク

ペットボトルキャップはメルカリで売れる

早速ペットボトルが売れる方法を調べてみました。

売り方の1つ目はメルカリなどのフリマアプリで販売する方法です。

実際メルカリでは100個300円位から出品されています。

ただ家で飲んだキャップを集めただけの100個だと300円。

しかし同じ100個でも、売り方次第ではもっと高い値で取引ができます。

同じキャップだけを集める、コーラの味違いだけ集める。

また同じ色味でも、20個ずつ(水色、鮮やかな青、紺、紫のように)違う色のキャップを集めて出品することで、「グラデーションが作れる!」という謳い文句で付加価値をつけて出品している人も多いです。

同じ色味やグラデーション用など付加価値をつけることで、100個500~600円と高値で取引が可能なようです。

ペットボトルキャップはヤフオクで売れる

メルカリよりも高額で取引できる可能性があるのがヤフオクです。

これは集めただけでの出品では買い手すらつかないことも。

しかし、世の中たかがペットボトルキャップにも価値を見出してくれる人達がいます。

その名もコレクター

ペットボトル飲料の中には、期間限定、数量限定で作られているものがあります。

例えば、オリンピック期間中のコカ・コーラ製品のキャップには五輪マークが、サッカーワールドカップの期間中には「FIFA」のロゴが入っています。

コレクターの中には、こういった限定物を集める人達もいます。

また小岩井農場ジュースのペットボトルをご存じですか?

上にクマの絵があるのですが、実はこのクマ何種類かいるんです。

笑顔、横顔、とぼけた表情、手を挙げている、ニヤけている、といった風にボトルによって違います。

こういうボトルによって数種類、十数種類のデザイン違いを集めているコレクターもいます。

貯め込んでいるキャップの中にこういった、特殊な取引ができるデザインがないか探してから出品すると、より高く売れる可能性がありますよ。

なぜペットボトルキャップだけで売れるのか?

そもそも飲み終わったペットボトルの、しかもキャップだけに買い手がいるのでしょうか?
調べてみると意外な利用法があるようです。

・子どもの工作用に購入

何百個単位で売られているものは、自由研究や図工の時間に使う材料として親御さんが購入することが多いようです。

まだ低学年だとある程度の期間が必要な観察や実験よりも、集中すれば1~2日程度で終わらせられる工作の方が手軽にできるため、その材料として需要があるようです。

基本的に飲料のペットボトルは直径28㎜になっているため、並べたり、積んだりすることで、割と簡単に思い描いた形を作れます。

強度もあるため、しっかり接着させれば、学校に持っていくまでに壊れたりしないのも嬉しいところです。

様々な色のキャップを使う事で、ドットアートにも挑戦できます。

大きな丈夫な紙にボンドなどでしっかりと貼り付けていきます。

Youtubeなどに参考になる下絵などもあるので、パズル間隔で自由研究を完成できますよ。

・限定物のコレクター

有名アーティストなどとコラボ商品のキャップはプレミアがつくことがあります。

最近だと韓国の女性音楽グループTWICEとコカ・コーラのQooがコラボしたボトルのキャップが限定品でした。

通常はクーの絵が印刷されているだけですが、コラボ商品は絵自体が凹凸していて、スタンプになるというもの。

プレミアを追いかけるコレクターだけでなく、可愛いもの好きのお姉さん達にも人気が出てオークションに出品されているものもあります。

何気なく飲んでいるジュースやお茶のキャップも、実はただのキャップでない可能性がありますよ。

スポンサーリンク

まとめ

■ペットボトルキャップの売り方

《メルカリ》
 同じ種類や色味でそろえると高値で売れる可能性がある。

《ヤフオク》
 スポーツ大会の開催期間、アーティストとのコラボ商品は高値で落札される可能性がある。

普段からつい買ってしまうペットボトル飲料ですが、何気なく分別していたキャップだけでもビジネスになるとは驚きです。

我が家のキャップを確認しましたが、色も種類もバラバラで、100個300円がやっとかなという感じです。

普段からメルカリで出品している人は、ちょっとでも稼ぐチャンスなので、溜まったら一度出品してみるのも面白いかもしれませんね。

■こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク

断捨離

Posted by takgak