ペットボトルキャップの容量はどれくらい?みんな同じなの?

ペットボトルで飲み物を飲むと、必ずゴミとして発生するペットボトルキャップ

たぶん、普通に捨ててしまっている人がほとんどだと思いますが、もったいない気もします。

例えば料理なので使えたら良いですよね。

今回は、ペットボトルキャップの容量料理などでの活用方法を解説していきます!

ペットボトルキャップの大きさはみんな同じ?

ペットボトルキャップ

ペットボトルキャップの大きさ、容量はどれくらいなのでしょうか?

また、どのペットボトルキャップも大きさや容量は一緒なのでしょうか?

結論としては、下のようになります。

■ペットボトルキャップの容量
 ・直径は28㎜、高さは多少バラツキがある

 ・容量は摺り切り7ml前後、ギリギリまで入れると8ml弱

 ・内側の一番上のネジのラインまでで約5ml

詳しく解説していきましょう!

まず、ペットボトルキャップは同じような形状をしていますが、JISなどのように厳密に決まった規格があるわけではありません。

しかし日本メーカーのお茶やジュース、ミネラルウォーターなどの飲料に使われているキャップの多くは直径28㎜がほとんどです。

高さは1~3㎜ほど違いがあり、いろはすなど500mlのミネラルウォーターは高さが低く、2Lペットボトルは少し高めに設定されている事が多いようです。

高さはもちろんですが、実はキャップの中にあるネジ山もボトルによって少し違っています。

厳密には同じ容量ではありませんが、キャップに水を注ぐと7.0ml~7.5mlほど入るようです。

僕の自宅のキッチンスケールは1g単位でしか量れないのですが、生茶とビタミンウォーターの2種類で測ってみました。

どちらも摺り切りだと7g、表面張力ギリギリまで入れると8gでした。

このキッチンスケールは0.5g以上は繰り上げられているようです。

そのため、表面張力ギリギリまで入れると7.5~7.6gになっていると思われます。

サイトによっては7.5mlで統一されていると紹介しているところもあるようですが、実際は微妙なズレがあります。

ペットボトルキャップが計量スプーン代わりに!

軽量スプーン

容量が7ml前後という事が分かりましたが、これを計量スプーンとして活用できないか考えてみました。

普段から自炊している人、お菓子作りが趣味の人であれば、多くの場合計量スプーンが家にあると思います。

しかし1人暮らしを始めたばかり、普段自炊しないけれど今日は料理するぞ!と意気込んでみたものの、レシピには小さじや大さじの表記が・・・。

また、家にはあるはずなのに、すぐに見つけ出せない!

という経験ありませんか?

お菓子を作る場合は厳密に摺り切り何杯と計量しなければいけません。

しかし、煮物や炒め物など、多少の誤差があってもそこまで味に影響のない調味料や水であれば、計量スプーンの代わりになります。

炭酸や2Lペットボトルなどのなるべく高さのあるキャップを使うといいでしょう。

高さのあるキャップは摺り切り1杯で7.3~7.6mlほどになるので、キャップ2杯で大さじ
1杯とほぼ同量になります。

逆にキャップの内側の一番上のネジまでが隠れるくらいまで入れると、5mlほどになります。

つまり小さじ1とほぼ同量になります。

キャップ摺り切り2杯が大さじ1、一番上のネジまでで小さじ1として使えます。

液体や細かい粒子の調味料なら問題ありませんが、粒子が荒い岩塩やローズマリーなどは凹凸に引っかかって、少なくなってしまうかもしれません。

また、味噌や豆板醤、マヨネーズなど粘土の高い調味料は、量った後に上手く取り出せないこともあります。

量る調味料の種類には注意が必要です。

ペットボトルキャップは食材の下ごしらえにも使える!?

魚の鱗

計量スプーン以外にも使える用途を2つ紹介します。

ペットボトルキャップで「鱗取り」

魚の調理って、本当にやる人とやらない人と極端に分かれるものだと思います。

僕は実家にいた時は母や祖母は難なく魚を捌けましたが、近くに住む叔母は魚を捌けない人でした。

僕も大人になってから、魚を食べないわけではありませんが、既に切れた状態の刺身や、良くて干物くらいしか買ってきません。

しかしごくまれに1~2年に1回くらい、生の鯖を買ってきて茹でて大根おろしで食べたくなります。

そういう時は思い切って丸々1匹買っちゃうんですが、鱗取りなんて持っていないので、いつも包丁でそぎ落としているのですが、慣れないことだと難しくて身まで削いでしまうことも。

そんな時にペットボトルキャップで鱗取りが可能です。

キャップの切り口のギザギザ部分を使って鱗を取っていきます。

ここで注意することは、魚の背びれや腹びれは意外に鋭利なトゲが付いています。

キャップは魚から手までの距離が短いので、ひれのトゲを刺さないように慎重に行ってください。

ペットボトルキャップで「野菜の皮むき」

人参、ジャガイモ、ゴボウなど固い根菜の皮むきにもキャップが使えます。

ピーラーよりも皮を薄く削れるため、皮付近の栄養もしっかりと摂取することができます。

やり方は鱗取りと同様、キャップのギザギザした面をこすりつけるだけです。

まとめ

■ペットボトルキャップの容量
 ・直径は28㎜、高さは多少バラツキがある

 ・容量は摺り切り7ml前後、ギリギリまで入れると8ml弱

 ・内側の一番上のネジのラインまでで約5ml

中華料理などたくさんの調味料を量る必要のある料理の時に、計量スプーンを毎回綺麗にするのが億劫だったので、キャップを使って量ってみようと思います!

スポンサーリンク

道具

Posted by takgak