油性ペンがにじまない方法!家にあるものでお手軽な裏ワザ5選!

2021年2月27日

新学期と言えば、名前付けですよね。

うちの子の保育所でも、持ち物すべて、オムツを捨てるためのビニール袋1枚1枚にまで名前を書くのですが、これがなかなかの大仕事です。

使い捨てのオムツやビニール袋などの場合、失敗しても気持ちを切り替えていけますが、カバンや布団などずーっと使うもので失敗すると、なかなか立ち直れません。

この失敗の多くは布製品のにじみではないでしょうか?

今回はこの布製品で油性ペンのにじみを防止するお手軽方法を5つご紹介します!

方法1.水で布地をぬらす

水で布地を濡らす

最初からえっ?そんなこと??と思われた方も多いのではないのでしょうか。

実はにじみの原因は、布がインクを吸い込んでしまう事でおこっています。

そのため最初からぬらしておけば、それ以上インクを吸い込むことがないためにじまないのです。

目安としては、しっとりとする程度。

びしょびしょではかえってうまく書けなくなってしまいます。

濡らしにくいものは霧吹きなどで水を吹きかけ、少し時間を置き、しみ込んだところで書くと良いでしょう。

方法2.ヘアスプレーを吹きかける

ヘアスプレーをする女性

ケープなどのヘアスプレーをお持ちの場合はそれを振りかけてみましょう。

ヘアスプレーの成分には、コポリマーというものが含まれています。

これが繊維をコーティングすることで、布がインクを吸い込むのを防止してくれます。

布を広げ、名前を書きたい部分にまんべんなく吹きかけます。

しっかり乾いた事を確認してからペンで書いていきましょう。

ヘアスプレーは繊維の長い布地にも有効で、にじまないだけでなく、書きやすくなりますよ。

繊維の向きを整えてからスプレーし、しっかり乾かしてから書くのがポイントです。

方法3.ボディソープ、ハンドソープを塗る

ボディソープ

ボディソープやハンドソープなどを名前を書きたいところに塗ってみます。

こちらも布に塗ったあと、しっかり乾かしてから書いていきます。

この場合、ボディソープやハンドソープに着色されているとシミになってしまうことがあるので、洗いにくいものは注意が必要です。

方法4.防水スプレーを使う

防水スプレー

防水スプレーがあれば、名前を書きたいところにスプレーします。

学校のカバンや靴などは最初に防水スプレーを全体にしておくと、防水はもちろん、汚れ防止にもなります。

必ず換気の良い場所、できれば屋外で全体にまんべんなくスプレーし、乾いたことを確認してから名前を書いて行きます。

靴の場合は滑りやすくなるので靴底にはつかないように注意しましょう。

方法5.油性ボールペンで書く

油性ボールペン

普通の油性ペンで書くときに、ペン先が太くて細かいところに書きにくいな、と思ったことはありませんか?

どんなににじまない裏技を使っても、特に小さいものに関してはペン自体が太くて書きにくいときれいな仕上がりになりません。

そんな時は事務用の普通の油性ボールペンを試してみてください。

水性やゲル、顔料系はNG。油性ボールペンであることを確認してください。

タグ部分に名前を付けたりするのにおススメです。

ポイントを押さえるともっとキレイに!

方法1.の水でぬらす以外の方法の場合は、下準備として、名前を書き込む前にしっかり乾かしましょう。

その上で、下敷きとテープを用意します。

油性ペンは繊維にペン先を取られたり、深くしみ込んで裏移りしてしまったりするので、下敷きを使い、布がずれないように作業するテーブルにマスキングテープで固定すると、ずれたりよれたりせずにきれいに書くことができます。

さらに、チョークや手芸用のチャコペンシルがある場合は下書きをしてみるのもおススメです。

失敗しちゃった!その時は?

洗濯に強い油性ペンですが、失敗してしまった場合、なかなかキレイに落とすことは難しいですよね。

洗濯ができるものの場合は自宅でキレイになるかもしれません。

クレンジングオイルか除光液、タオル、歯ブラシを準備してください。

タオルをたたみ、その上に失敗した面を下にして、タオルと消したい部分が接するように重ねます。

消したい部分の裏側からクレンジングオイル、もしくは除光液をたらし、歯ブラシでトントンと叩いていきます。

汚れが抜けたら、一度ぬるま湯ですすぎ、その後改めて洗濯します。

ポイントは歯ブラシでごしごし擦らないこと。

また、色柄モノやシミになりやすい素材などはかえってひどいことになってしまいますので、必ず目立たないところで試してみたから行ってくださいね。

油性ペンの落とし方については、コチラの記事でも詳しく解説しています!

にじませないテクニックを身に着けて、オリジナルのマークやお気に入りのキャラなどを書いてあげましょう。

後ろ前の目印もカンタン、お着替えも楽しくなっちゃいますよ。

ぜひお試しください!

■併せて読みたい記事

道具

Posted by takgak