日本三大がっかり土産とは何?がっかりポイントをまとめてみた!

2021年1月3日

旅行や出張のお土産にご当地銘菓を頂くことありますよね。

僕としては、甘いものは得意ではないので、うれしいお菓子とがっかりするお菓子が顕著に分かれてしまいます。

今回は日本三大がっかり土産を調べてみました。

この県に行ったら定番中の定番じゃないの!?というお馴染みのお菓子も入っていたので、皆さんもビックリしてしまうかもしれません!

日本三大がっかり土産とは?

お土産というとお菓子の他にも工芸品なんかもありますが、今回はお菓子に絞ってみたいと思います。

日本三大がっかりお土産といっても、集計しているサイトや会社などによって東京ばななだったり、雷おこしだったり色々。

個人的に東京ばななは嫌いなお菓子ではないので、今回の三大は

  • ういろう
  • ちんすこう
  • 雷おこし

の3つで進めていきたいと思います。

日本三大がっかりお土産1:ういろう

日本三大がっかりお土産の1つ目は、名古屋の「ういろう」です。

僕が見たがっかりランキングだと1位でした。

ちなみに日本での発祥の地は長崎なんだそうです。

東海道新幹線開通の際に名古屋駅のお土産屋さんで販売されたのがきっかけで、「名古屋の名物」として広まりました。

ういろうは米粉やワラビ粉に砂糖を加え、蒸しあげた和菓子の事です。

羊羹より柔らかく、ゼリーよりは固い独特な触感です。

京都では、ういろうの上に粒の小豆を乗せた「水無月」と呼ばれるお菓子を、6月末(夏越の祓)に食べて、厄を落とすという行事があります。

この時期になると、虎屋など有名和菓子屋さんでも期間限定で販売されます。

がっかり土産に選ばれる理由は、

・見た目から羊羹の味を想像してから食べてしまい、イメージと全く違う味や触感でショックを受けた。

・また会社で配る用に買ったはいいが、包丁やまな板が必要で切り分けるのに手間がかかった。

・日持ちしないからすぐ食べなければいけない。

などが考えられます。

最近では、切り分けなくても大丈夫な一口サイズのういろうも販売されています。

日本三大がっかりお土産2:ちんすこう

この投稿をInstagramで見る

〜ちんすこう〜 ・. さっくりとした食感と上品な甘さが人気の沖縄の伝統菓子"ちんすこう"✨ ・ ちんすこうは、琉球王国時代、上流階級の人がお祝い事の際に食べる高級菓子でした🌸 ・ 現在はお手頃な価格で様々なフレーバーもあり、お土産としても、自宅のおやつとしても大人気です❣️ ・ オンラインでもちんすこうを含めた沖縄のお土産をご購入いただけます✨ ・ 皆様も是非、おうち時間で沖縄の味を楽しんでみてください✨😆 ・ ‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥SKY #おうち時間で沖縄を楽しもう #やーぐまい #沖縄お土産 #沖縄おやつ #ちんすこう #沖縄特産品 #okinawaathome #沖縄をお取り寄せ #stayhome #おうちで沖縄 #ミス沖縄 #沖縄旅行 #沖縄 #琉球 #okinawalife #Okinawa #okinawa #missokinawa #ゆいまーる #沖縄好きと繋がりたい #Japan #日本 #冲绳岛 #冲绳 #오키나와

【公式】ミス沖縄 沖縄観光親善使節(@missokinawa2020)がシェアした投稿 –

日本三大がっかり土産の2つ目は沖縄の「ちんすこう」です。

琉球時代から作られている沖縄の伝統的なお菓子です。

小麦粉、砂糖、ラードが主な材料で、パサついたクッキーのような触感と、ラードの独特な風味が特徴的です。

がっかりポイントは、

・水分が欲しくなるパッサパサの食感

・ラードのせいか口の中に残る油感

・崩れやすく周りにこぼしてしまう

という点ではないかと思います。

ちなみに僕もちんすこうはあまり得意ではありません。

でも沖縄旅行でたまたま買ったこの「雪塩ちんすこう」は大好きです。

近くで沖縄フェアがあると、このちんすこうが売っていないか探して、これだけ買って帰るくらい好き。

ちんすこうにがっかりしたことがある方は、雪塩ちんすこうを一度試してみてください!

本当にオススメです。

日本三大がっかりお土産3:雷おこし

日本三大がっかり土産の最後の1つは、東京の「雷おこし」です。

この結果には僕的には完全同意です。

僕も小学生の時に親戚のお姉さんが修学旅行のお土産にくれたのですが、あまり好きな味ではなく残してしまった記憶があります。

雷おこしは、浅草の雷門にある常盤堂というお店が発祥とされています。

「名を起こす」「家を興す」などの言葉からきているので縁起が良いとされています。

お米や小麦粉を蒸して乾燥させ細かくしたものを、焙煎してポン菓子の様に膨らませたものに、水あめやピーナッツなどを絡めたお菓子です。

お米の部分はサクサクしているのですが、表面が水あめなどでコーティングしているため、噛んでいると歯にくっつく感じが苦手という人が多いようです。

雷門周辺では、雷おこしを販売しているお店も多く、そのいくつかでは店頭で実際に作っている様子を見学できます。

この目の前で作りたての雷おこしを試食すると感動する美味しさなんです!

やっぱり出来立てホヤホヤのものに勝るものはないということでしょうか・・。

まとめ

■日本三大がっかり土産

  • 名古屋 ういろう
  • 沖縄 ちんすこう
  • 東京 雷おこし

がっかりの原因はお菓子にもよりますが、イメージしていた味ではなかった、食べにくい、分けにくいなどがあると思います。

ここに行くと絶対このお菓子としていると、毎回もらう人は「またか」と飽きてしまってがっかり度も上がってしまいます。

僕は最近、福島土産のままどおるに飽きています 笑

取引先や支店があってよく行く出張先のお土産は、ローテーションを組んだり、たまには変わり種を入れると飽きにくくなるかもしれませんね。