腐った牛乳の使い道とは!?活用方法と牛乳の安全な捨て方をご紹介!

2021年2月27日

スーパーで牛乳の安売りをしていたから牛乳を大量に買ってしまって結果的に腐らせてしまった!という経験ありますよね。
腐った牛乳は捨てるしかなさそうな気もしますが、思いがけない使い道があります。

僕の子どもも牛乳を飲むときと飲まないときの差が激しいので、冷蔵庫の牛乳の在庫の本数は案外難しかったりします。
牛乳がないときに限って飲みたくなったりしますよね。

今回は、腐った牛乳の使い道と捨て方について書いていきますね。

腐った牛乳の見分け方

牛乳

腐った牛乳の見分け方ですが、無理に腐らせて様子を見るのももったいないので「臭い」や「見た目」で判断しましょう。

POINT
  • 牛乳が分離して、ヨーグルトみたいにドロドロとしたとろみがついているものやブツブツしたものが浮いているもの
  • 牛乳本来の臭いではなく、明らかに変な臭いや酸っぱい臭いがする
  • 色が白ではなく、黄色っぽく変色している
  • 試しに、鍋で加熱すると分離してモロモロに固まる、泡立つ

牛乳パックの中だけでは、変色やドロドロになっているのが分かりにくかったら、コップに移し替えてみるといいでしょう。

腐っている牛乳を飲むと‥

牛乳

腐っている牛乳を好んで飲む人はいないと思いますが、牛乳パックを開けて調べもせずにうっかりコップ一杯、一口飲んでしまったなんてことがあるかもしれません。

腐った牛乳を飲むと、「食中毒」になることもあります。

食中毒の激しい症状までいかなくても、嘔吐や腹痛、下痢などの症状が出たりします。
牛乳は、殺菌してからパック詰めされますが、時間がたった牛乳には「細菌」が増殖し、食中毒の原因になります。

発熱症状を訴えることもあり、腐った牛乳を飲んで細菌に感染した可能性もあります。
自己判断で下痢止めを飲む、痛み止め(熱さまし)などを飲むなどしないで、すぐに病院に受診することをおすすめします。
この細菌は、牛乳の中で増えた黄色ブドウ球菌によるエンテロトキシンです。
ほかの細菌性食中毒と比べて潜伏時間が短いのが特徴であり、その症状は一過性で特別な治療をしなくても一両日中に回復することが多いようです。
嘔吐や下痢のため脱水症状にならないように水分補給をしましょう。

病院に行かなくても一日で回復しますが、小さいお子さん、年配の方は心配の場合は、病院を受診しましょう。

腐った牛乳を飲んでしまったときの症状の動画がありました。
参考にしてください。

腐った牛乳の使い道

では、気になる腐った牛乳の使い道をみていきますが、腐った牛乳の使い道はあまりないと言ってよいでしょう。
上にも書いたように、腐った牛乳は、食中毒を起こすおそれがあるので飲用はやめましょう。

どうしても使い道を考えるのであれば、害虫除けに観葉植物に使うのがよいでしょう。
害虫駆除に一定の効果があると言われています。
確かに虫を牛乳でやっつけられそうですが、牛乳をかけすぎると逆に虫が寄ってくる原因
になるのでほどほどにしておきましょう。

インターネットでは、掃除に使う、牛乳風呂にするというのがありました。
個人的な意見ですが、腐った牛乳には細菌(黄色ブドウ球菌)が増え、清潔とは言い難い状態になっています。
腐った牛乳を掃除に使うのも乾いたあと細菌が漂いそうですし、牛乳風呂にするというのも細菌がウヨウヨしているのでやめた方がいいでしょう。

腐った牛乳の捨て方

腐った牛乳の捨て方ですが、その「腐り具合」によって捨て方を変えましょう。
「腐り具合」とは、牛乳がサラサラなのか、ドロドロしているのか、果ては固形っぽくなってしまっているかということです。

サラサラの牛乳の場合は、牛乳パック2、3本ならキッチンの流しに捨てて問題ありません。
ドロドロしているときは新聞紙などに吸わせて燃えるゴミに、固形っぽくなっているときも三角コーナーに入れて燃えるゴミになります。

浄化槽は、単独浄化槽と合併浄化槽がありますが、単独浄化槽はトイレのみ浄化槽に繋がっているタイプです。
単独浄化槽は、キッチン、洗濯排水、風呂、洗面所は浄化槽を通らないので河川などの水質悪化につながり環境によくないそうですが、牛乳パック2,3本くらいなら特に問題ないようです。

合併浄化槽は、トイレ、キッチン、洗濯排水、風呂、洗面所等、生活排水全ての浄化をまかなうため水質悪化を防ぐ効果が高いです。

まとめ

1、腐った牛乳は「臭い」や「見た目」で判断する
2、腐った牛乳を飲むと、「食中毒」になることもある
3、腐った牛乳の使い道は観葉植物の虫よけ
4、捨て方は、腐り具合によってキッチンの流しか燃えるゴミとして捨てる

買いすぎないように気をつけていても、一本でもたまたま飲まない日があると賞味期限を過ぎさらに新しい牛乳を買ってしまい、腐らせてしまうことがあります。

牛乳を腐らせて捨てるのは忍びないですが、無理して飲んで身体を壊しても困りますよね。

買い物をする前には、冷蔵庫のチェックを心掛けましょう。
安売りに惑わされて買い過ぎないようにしましょう。

スポンサーリンク