オーブンレンジでアルミホイルを使うのは大丈夫?使用NGの物もまとめて紹介!

電子レンジでアルミホイルを加熱すると、火花が散ってスゴイ音がしますよね。

お弁当やお惣菜についているアルミケースを、ついチェックし忘れてレンジでチンならぬ、レンジでバン!は、誰しも経験があるのでは?

今のレンジはスチームやらオーブンやら色々な機能がついていますよね。

その分お値段も結構・・・

そんな高価なオーブンレンジをダメにしたくない。

そんな人のために、オーブンレンジでアルミホイルを使用しても大丈夫か?と、レンジとオーブンでそれぞれ使用NGのものをまとめてみました。

オーブンレンジでアルミホイルは使用可

アルミホイル

早速ですが、オーブンレンジでアルミホイルは使用出来るのか?という疑問に答えたいと思います。

結論としては、オーブンレンジでアルミホイルは使用可能です!

電器量販店のノジマのHPで、オーブン機能付き電子レンジでのアルミホイルの使用について説明がありました。

オーブン機能はヒーター熱で加熱する仕組みです。
電子レンジのように電磁波を出さないため、問題なくご使用いただけます。

反対に、電子レンジでは問題ありませんが、オーブン機能ではご使用いただけない物もあります。
ラップなどはヒーターの熱で溶けてしまうため、ご使用いただけません。
※ノジマHPより

ちなみに、オーブンレンジではラップは使えないんですね。

まとめると下のようになります。間違えないように気をつけましょう!

■オーブンレンジ

 ・アルミ:OK
 ・ラップ:NG

■電子レンジ

 ・アルミ:NG
 ・ラップ:OK

スポンサーリンク

レンジ機能ではアルミホイルNG!

レンジ機能ではアルミホイルNG

ここで、一つ気をつけなければいけないのは、オーブンレンジでの「レンジ機能」の時は、アルミホイルNGということです。

レンジ機能はマイクロ波という電磁波を利用して、食材に熱を通す仕組みです。

アルミホイルはアルミニウムという金属を薄くしたもの。

それに電気が通ると、アルミホイルの端や折れたところから火花が出ます。

気付いてすぐ止めれば問題ないことが多いですが、何度もアルミホイルを入れて加熱したり、長時間加熱すると激しく火花が飛び、レンジの故障や火事に繋がる危険があります。

僕の祖母が、アルミホイルの入ったお弁当を温めて、キッチンから離れてしまい、気付いたらガラスの扉がクモの巣状にひび割れていたことがありました。

一応使えたらしいのですが、いつ壊れてガラスが飛び散るか分からないので、怖くて母はすぐ買い替えていました。

ちなみにオーブンレンジについている黒いオーブン皿も金属でできていますので、レンジ機能の時には使用できません。

オーブン皿は、あくまでオーブン用としてついているものです。

レンジ機能の時に黒いオーブン皿(天板)を入れて使用すると、アルミホイル同様火花が散ったり発火の危険があります。

オーブン機能で使ってはいけないものは?

オーブン機能で使用NGのもの

続いては、オーブンレンジのオーブン機能を使用する時に、使ってはいけないものを解説します。

最初にまとめると、下記のものはNGです!

■オーブン機能で使用NGのもの

 ・ラップ
 ・紙カップ(耐熱仕様ではないもの)
 ・プラスチック容器
 ・木製、竹製の容器

では、詳しく見ていきましょう。

ラップ

溶けて食材にくっついてしまいます。

ラップの一般的な耐熱温度は110℃~130℃です。

オーブンでもパン生地などを発酵させる時の温度の40℃くらいだったらラップでも問題ありません。

しかし、焼く、熱を通すという作業をする100℃以上の時はラップは使用できません。

耐熱仕様ではない紙カップ

マフィンやカップケーキ用の耐熱温度が200℃くらいまである紙カップなら、オーブンで使用しても問題ありません。

しかし、お弁当用などの特に耐熱加工がされていない紙カップだと、オーブンに入れてしまうと、燃えてしまう可能性があります。

紙っぽい素材のカップを使用する時は、耐熱温度、使用可能な条件をしっかり確認しましょう。

プラスチック容器

タッパーや子供用の食器はプラスチックでできているものが多いです。

例えばジップロックコンテナ(タッパー)は140℃までが耐熱温度です。

オーブンで何かを加熱しようとすると大体170℃以上に設定することがほとんど。

タッパーはオーブン機能を使う時は諦めましょう。

木製、竹製の容器

当たり前かもしれませんが、木や竹でできている容器を使用すると、焦げます。

よくて炭化、最悪発火します。

レンジで使えない素材は?(アルミ以外)

電子レンジやオーブンレンジの「レンジ機能」ではアルミは使えないことは分かりました。

では、レンジでアルミ以外に使えないものは何があるのでしょうか?

レンジで使えないものは、下記のようなものがあります。

■レンジで使用NGなもの

 ・アルミ
 ・ホーローの容器
 ・金網
 ・金串
 ・ポリエチレン、スチロール、メラミン素材
 ・木や竹製品

結構いろいろな物が使えないんですね。

僕も調べていて初めて知ったものもありましたね(汗)

ちなみに、最近は木製でも表面に加工がされていて、電子レンジが使用できる食器もあります。

購入時に「電子レンジOK」の表記が必ずついているので、チェックしてください。

購入してから、レンジ不可のものと混同しないように注意して下さいね。

まとめ

オーブンレンジでアルミホイルは大丈夫なのか?

→オーブン機能では使えるが、レンジ機能では使えない

レンジで使うと火花が飛んで、故障や火事の原因になる

祖母が起こしたアルミホイル爆発事件のおかげで、僕はレンジを使う時はよく気を付けて使用するようになりました。

オーブンとレンジでは、食材に熱を加える方法が違うため、使用できる素材がそれぞれ違います。

オーブンレンジは便利なものですが、火事やケガ、出費の原因にならないように、利用方法はしっかり守らなければいけませんね。

道具

Posted by takgak