電子レンジの500Wと600Wはなぜあるの?使い分けのコツはある?

2021年12月18日

電子レンジのワット数って機種によっていろいろありますよね。

500Wや600Wは基本的にどの機種にもありますが、それ以上は700Wだったり1000Wだったり、コンビニだと一気に上がって1200Wとか。

500Wと600Wはたいていどの電子レンジにあるのに、それより高いものはまちまちです。

食べ物を温めるのに適しているのは一体どのワット数なんでしょうか?

電子レンジのワット数の違いとどう使い分けたらいいかを解説していきます。

スポンサーリンク

なぜ500Wと600Wはどの機種にもあるのか?

電子レンジの500Wと600W

500Wと600Wって、安いものでも多機能な高級な電子レンジでも、全部と言っていいほどどの機種にもついているワット数です。

なぜこの2つは多くの電子レンジに採用されているのでしょうか?

それは電子レンジの進化の過程に秘密があります。

日本家庭に電子レンジが普及しはじめた時の最大出力が500Wでした。

家電メーカーで高出力の電子レンジを開発するのが競争になっていきます。

600、700、1000とどんどん新しい製品が出てきます。

しかし、一概に出力を上げればいいというものではありません。

高いワット数で短時間で温めると、一か所に熱が集中してしまい、バラつきがでてしまいます。

外側は沸騰するくらい熱いのに、真ん中は冷たいということになるかもしれません。

食品(特に冷凍食品)を温める時は500W~600Wが適していると言われています。

この2つが一番ムラなく上手に温められるワット数のようです。

200Wは何に使うの?

500Wや600Wが食品を温めるのに向いているのは分かりました。

しかしそれより低い200Wって何に使うんでしょうか?

200Wは弱い出力でじっくりと熱を加えることに向いています。

生のまま冷凍した肉や魚を解凍するのに使えます。

高出力で解凍すると、部分的に火が通ってしまうことも。

200Wなら解凍しつつ、完全には火は通らずに済みます。

また、完全に火を通したくない、豆腐の水切りにも使えるようです。

700W以上の高出力は何に使える?

せっかく700W、800W、1000Wと高出力があるので、使いこなしたいものです。

高出力のワット数はどういう使い方をすればいいのでしょうか?

コンビニでお弁当や総菜を買う時、1000W前後の高出力で短時間で温めてくれると思います。

このように既に調理済みでしかも、加熱に多少ムラがあっても支障が無いものをすぐ食べたい時に向いています。

コンビニに限らず、自宅で作りおきしていたおかず、残り物のおかずを温める時は高出力で温めてもいいでしょう。

逆に、生の野菜や肉などに火を通したい、生米からご飯を炊きたいなど、ムラがあっては食中毒や味に関わる調理は500Wや600Wで確実に加熱するのが安全です。

自宅のレンジのワット数の表記がない時・・・

記載されている電子レンジのワット数と加熱時間が自宅の電子レンジのワット数にない時、どれくらい増減したらいいか困りますよね。

今まではなんとなく30秒プラスしてみて、やっぱり冷たいからプラス20秒とかやってました。

しかし調べたら、実は簡単な計算式で算出することができることが分かりました!

記載されているワット数÷自宅のワット数×記載されている分数=温める時間(答え) です。

例えば600W 3分の記載しかない場合、

家のレンジのワット数1000Wだったとします。

この場合

600W÷1000W×3分(180秒)=108秒 となります。

つまり

1分48秒 約1分50秒温めればいいことになります。

逆に600W 3分の表記しかなく、500Wのレンジしかない場合

600W÷500W×3分=216秒 (3分36秒) となります。

3分30~40秒の加熱時間になります。

大体の食品は多少秒数が前後しても大丈夫ですよね。

ちょっと熱いなとか、ぬるいなと感じる程度です。

しかし厳密に時間をはからないと失敗する可能性のある、半熟卵や知育菓子などは、この計算式を活用してみてください。

まとめ

電子レンジの500Wと600Wがどの機種にもある理由

日本で初めて発売された電子レンジの最大出力が500Wだった。

また、冷凍食品を温めるのに適しているのが500W~600Wだから

700W以上だとムラができやすい

今まで「なんでこんなに細かくワット数が分かれてるんだろう」と思っていたので、とても勉強になりました。

なんでも家の電子レンジの最大出力の800Wで加熱することが多かったので、これからはその食材や料理に合ったワット数で加熱したいです。

生から調理するのには500W~600W、調理済みのものを温めるのはそれ以上、解凍は200Wと覚えるといいと思います。

道具

Posted by takgak