「メディア王~華麗なる一族~」あらすじやキャストまとめ!

海外ドラマで今一躍人気となっている「メディア王~華麗なる一族~」。

有名な賞も複数受賞しているこの作品が、気になっている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「メディア王~華麗なる一族~」はどんな話なのかあらすじと、キャストについてまとめてみました。

「メディア王~華麗なる一族~」のあらすじ

メディア王~華麗なる一族~

 さっそくあらすじについて紹介していきます。

このドラマは、もともとアメリカで放送されていた「サクセッション」というドラマです。

日本で放送されるにあたって分かりやすい日本語のタイトルに変更したようです。

ちなみにサクセッションとは、継承者という意味です。

■メディア王~華麗なる一族~のあらずじ

ウェイスター・ロイコ社を一代で世界の大企業にまで成長させた創業者であるローガン・ロイ。

会長、社長を兼任しているが、既に80歳で高齢。

ある日ローガンは倒れ、意識不明で病院に運びこまれる。

当初は2回目の結婚の時の子供である、次男が社長の座を受け継ぐと思われた。

しかし、会社の議決権に継母である3番目の妻であるマーシャが加えられる。

このことをきっかけに、継母と4人の子供の権力争いが勃発。

世界を動かすような超大企業の継承者は誰になるのか?

簡単にまとめると、桁外れなお金持ち一家の跡継ぎ争いを描いた愛憎劇といった感じです。

「メディア王~華麗なる一族~」のキャスト、キャラクター紹介

次にキャストと役の人物像について紹介します。

基本的に下記の6人がメインでストーリーが進みます。

ローガン・ロイ (ブライアン・コックス)

本作の中心人物。

メディア王と呼ばれる、世界的大企業を一代で築いた。

ビジネスのためなら手段を選ばない、傲慢な性格。

80歳を超え健康に不安があり、ある日脳卒中で倒れる。

コナー・ロイ (アラン・ラック)

ローガンと最初の妻の間に生まれた長男。

権力に興味はなく、郊外で農場を営んでいる。

ケンダル・ロイ (ジェレミー・ストロング)

ローガンの次男で、2番目の妻との間の子供。

会社の経営陣で次期社長という噂があるが、なかなかローガンが公表してくれないため不満を募らせている。

麻薬中毒になったことがある。

ローマン・ロイ (キーラン・カルキン)

ローガンの2番目の妻の間に生まれた三男。

映画部門を担当していた。

しかし、チャラく適当、無責任な性格。

シヴォーン・ロイ (サラ・スヌーク)

ローガンの2番目の妻の間に生まれた長女。

直接会社の経営には携わっていない。

政治コンサルタントとして、政界とのつながりが強い。

ローガンに可愛がられているが、父親が嫌いなため、敵対する政治家を支援している。

マーシャ・ロイ (ヒアム・アッバス)

ローガンの3番目の妻で現妻。

病気に倒れた夫に尽くす、頭の切れる女性。

会社の議決権をマーシャに与えるという発表をしたことにより、骨肉の争いが激化。

「メディア王~華麗なる一族~」を見るなら・・・

海外ドラマである「メディア王~華麗なる一族~」はいつでもどこでも見れるわけではありません。

しかし今なら、なんと無料で見ることができるんです。

その方法は「U-NEXT」。

U-NEXTは31日間も無料期間があり、31日以内に解約すれば、「メディア王~華麗なる一族~」のシーズン1、2がただで見れちゃうんです。

1話大体60分前後で、20話も無料で見れるなんて!

もちろんこの作品だけでなく、海外、国内作品問わず、映画、ドラマ、書籍などが見放題。

有料作品もありますが、無料期間にも有料作品に使えるポイントを600円分もらえるんです。

洋画だと200円位からあるので、上手く使うと2~3作品有料作品も見れます。

登録も解約もネットで簡単にできるので、31日以内に解約さえ忘れなければ、本当にタダで色々と出会えます。

まとめ

「メディア王~華麗なる一族~」のあらすじ

一代で世界的な企業になったウェイスター・ロイコ社の次期社長をめぐる骨肉の争いを描いた海外ドラマ

いつの時代でも、世継ぎ問題は良い題材になりますね。

超大金持ち過ぎて、庶民の僕には関係のない世界ですが、他人事だからこそ、愛憎渦巻くドロドロの世界って面白いんです!

それぞれクセの強いキャラクターばかりで、「え、この人も争いに参加するの!?」と驚く展開もあります。

手に汗握りながら見るもよし、「お金持ちって大変だなー」とどのキャラが最終的に会社を継ぐのか予想しながら見るもよし。

コロナで暇なおうち時間に、海外ドラマで楽しい時間を過ごしてみませんか?

エンタメ

Posted by takgak