女性一人で松屋に行けない方へ!注文方法や楽しみ方を徹底解説!

2021年5月23日

すき家、吉野家とともに大手牛丼チェーンの一角を担っている「松屋」。

松屋は牛丼のことを「牛めし」と読んでいますが、醤油とダシが利いているタレで僕としては好みの味です。

そんな松屋は美味しい牛丼が安く早く食べられるので、一人でささっと食事を済ませたい時にとても便利ですね!

だけど特に女性の方の中には、松屋に行きたいけど一人で行けない!という方もいるのではないでしょうか?

でもそんな心配はしなくても大丈夫ですよ!

今回はそんな女性一人で松屋に行けない!という方へ会計方法や楽しみ方を全力でお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク

女性一人で松屋に行くのは変なのか?

悩む女性

女性の方の中には一人で松屋に行くと、周りから変な目で見られるのでは?と思っている人も多いのではないでしょうか。

でも結論から言うと、僕の意見としては全然変ではないと思います

僕がそう思うのは下のような理由からです。

  • 僕が松屋にいくと毎回女性の一人客がいる
  • 若い学生や営業職の女性客も多い
  • テーブル席が増えてきているので、カウンター席で他の客と目を合わせなくて済む
  • 他の客が一人で何を食べているかなんてそもそも気にしてない

たしかに一昔前までは、牛丼屋は男性のサラリーマンがガッツリ牛丼を食べるところというイメージが強かったかもしれません。

でもそれは昔の話で、今はだいぶ時代が変わって来ていると思います。

実際、僕が松屋にいくと毎回と言っていいほど女性の一人客がいますし、若い学生や仕事の昼休みで入ってくる営業職のような女性客も多いです。

それから最近の牛丼チェーンはテーブル席が多い店舗がどんどん増えています。

コの字型のカウンター席だと、他の客と目が合いそうで「ちょっと・・・」と思っている方も、テーブル席なら落ち着いて過ごせるかと思います。

それに、そもそも僕も含めてですが、周りの客が誰と来ていて何を食べているかなんて気にしていないです。

それよりも皆、早く目の前の牛丼を食べて出て行くことに必死だと思います(笑)

それでも心配だという方もいるとは思いますので、Yahoo知恵袋に「女が一人で松屋で食べてるのは変に見えるか?」という質問に対して意見が載っていたので紹介します!

まったく問題ないです。
他の人がどう言おうと堂々として気にせずに食べるのがいいです。
私も大好きです。
ただし食事のバランスは考えて食べてね。※Yahoo知恵袋より

わたしは駅中の立ち食い蕎麦屋やうどん屋でも一人で食べますよ。
蕎麦やうどんの汁は拘ると止めど無いので、必要に迫られて食べています。
でも私以外にも、若い女子が食べていたりしますよ。
それもおっさん達より後から来て、あっと言う間に平らげて悠然と店を後にしています。
完全に場慣れしていましたね。※Yahoo知恵袋より

そうは言っても、どこの店でも初めての時は不安な気持ちになる事は誰でもあると思います。

特に松屋は食券式なので、注文方法が分からないと入るのに躊躇してしまうかもしれません。

ですので、ここからは初めての方にも分かるように松屋での注文の流れをご説明しましょう!

松屋での注文の流れ

ということで、ここから松屋に入店してからの流れを解説していきます!

券売機で食券を買う

まずは入店したら、券売機を探して食券を買いましょう。

松屋の券売機

券売機の操作の流れを簡単に説明しておきます。

1.「店内」か「お持ち帰り」を選ぶ
→店内で食べる場合は「店内」を選ぶ
2.「牛めし」、「カレー」などのカテゴリーを選ぶ
3.メニューと、サイズを選ぶ
4.「生野菜」、「玉子」などのサイドメニューを選ぶ
5.お金を券売機に入れる
6.食券とお釣りを取る

席につく

食券を持って席に座りましょう。

上でもお伝えしましたが、カウンター席だとコの字で他のお客さんと向かい合うので、抵抗がある場合はテーブル席に座るのがおすすめです。

すごく混んでいる時間帯以外は、席は指定されずに自由に選べます。

食券を店員さんに渡す

席に着くと、店員さんが水やお茶を持って来てくれるので、食券を渡しましょう。

特に店員さんと話をする必要はないですよ。(そこが食券式のメリットでもあります。)

料理が来るのを待つ、食べる

あとは料理が出てくるのを待つだけです。

料理が来たら美味しくいただきましょう!

食べ終わったら帰る

お金は最初に券売機て払っているので、食べ終わった後はそのまま帰ってしまって大丈夫です。

お盆も置いたままでOK。

「ごちそうさま」と言って出て行く人もいますが、特に何も言わず出て行っても問題ないですよ。

スポンサーリンク

初心者向け楽しみ方

続いて僕が初心者の方向けにおすすめする楽しみ方を紹介します!

おすすめメニュー

まずは僕のおすすめメニューからです。

■プレミアム牛めし(並:税込380円)&生野菜半熟玉子セット(税込170円)

松屋のプレミアム牛めし

定番の牛めしにサラダと半熟玉子のセット。

松屋の良いところはイートインだと無料でみそ汁がついてくるところです!

ちなみに、店舗によって「プレミアム牛めし」と普通の「牛めし」のどちらかを扱っていて、併売はしていないようです。

「プレミアム牛めし」の方が少し高い(並だと+60円)ですが、普通の「牛めし」と比べると、「黒胡麻焙煎七味」(写真の左上)という専用の七味がついてきたり、肉を冷凍保存していないので柔らかかったり、玉ねぎが100%国産だったりします。

■その他のおすすめメニュー

  • 豚肩ロースの生姜焼定食 (税込660円)

⇒松屋は定食メニューも豊富。中でも僕のおすすめは、豚生姜焼きです。生姜がピリッと利いたタレがご飯に合います。ちなみに僕はサイドの生野菜はドレッシングなしでお肉と一緒に食べます。

  • 創業ビーフカレー (並:税込490円)

⇒松屋はカレーもおすすめです。みそ汁も無料でついてくるのがいいです。

いろいろなソース、ドレッシング

いろいろなソースやドレッシングを自由に使えるのも松屋の楽しみ方の一つです。

各テーブルに置いてあるので使ってみましょう!

松屋ドレッシング、ソース

バーベキューソースや焼肉のタレを牛めしにかけると一味違った味が楽しめます。

上級者だと、牛めしにサラダを乗せてドレッシングをかけて食べる人もいるとか(笑)

国産、無添加の食材

松屋は他の吉野家やすき家に比べると値段が安いので意外だったのですが、国産品や無添加の食材にもこだわっています。

米やサラダのキャベツは100%国産です(サラダのコーンはタイ産)。

それから、上でもお伝えしましたが玉ねぎも「プレミアム牛めし」なら100%国産。

さらに、牛めしの煮ダレやみそ汁は天然だしを使っていて無添加です。

食の安全・健康に気を遣う方であれば、松屋を選ぶのが良いかもしれないですね!

それでも、どうしても一人で松屋に行けない人は・・・

今まで一人で松屋に行きたい人が勇気を持って行けるようにお伝えして来ましたが、それでもどうしても一人で行けない!という人もいるかもしれません。

そんな人のために2つ方法を紹介したいと思います。

ウーバーイーツを使う

まず1つ目のウーバーイーツ(UberEats)を使うという手があります!

ウーバーイーツなら、一人で家にいてもスマホ1つで松屋の料理を配達してくれるので、人目を気にする必要は全くないです。

女性の方であれば、もしかしたらイケメンのウーバーイーツの配達員が来て、テンションが上っちゃうかも(笑)

Uber Eats フード注文はこちら

Amazonや楽天などの通販で発注する

2つ目の方法として、Amazonや楽天などの通販で発注するという方法です。

自分でささっと作って短時間で食べてみたい人にもおすすめですね。

下にリンクを貼っておきます。

冷凍で日持ちするし、めちゃうまです。

まとめ

昔は女性客が入りづらいイメージがあった牛丼屋。

でも今はだいぶ変わってきて、女性の入りやすい雰囲気になってきている事がお分かり頂けたと思います。

松屋は定番の牛めしだけじゃなくて、定食やその他のメニューも豊富なので、いろいろな味を楽しめると思います。

自分一人だけの思い込みで松屋に行きたいのに行けない!というにはとてももったいない事だと思いますので、まずは最初の一回をチャレンジして頂ければと思います。

たぶん、一回行けてしまえば次からは慣れてしまって簡単に入れるようになるはずです!

ぜひ試してみて下さい!

スポンサーリンク