日本三大漫画家とは?代表作品や社会的影響力など紹介!

2021年7月11日

あなたは「好きな漫画家」と言われたら誰を選びますか?

しかも3人だけ。

これはとても好みのジャンル、年齢によっても大きく差が出ると思います。

今回は社会的影響力や発行部数などで僕の独断で選んだ日本三大漫画家の代表作や人物像などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

日本三大漫画家1:手塚治虫

戦後、日本漫画家の第一人者とも呼べる存在です。

日本の代表的な漫画家と言われれば、ほとんどの人が手塚治虫を1人目に挙げるのではないでしょうか。

手塚治虫は兵庫県宝塚市の出身で、大阪帝国大学の今でいう医学部の在学中に、漫画家としてデビュー。

しかもしっかり医学部を卒業しています。

医学の知識があるからブラックジャックなんかの外科医の漫画も描けたんですね!

デビューの次の年には「新寶島」がベストセラーになり、漫画ブームを引き起こします。

その後、鉄腕アトムやジャングル大帝などのアニメにもなるような人気作を生みます。

外国から来た漫画(コミック)はギャグ性の高いものが多かった中、手塚治虫の作品は人間の業や、地球や宇宙全体を舞台にした壮大なスケールで描かれる作品が多い。

その集大成が、彼のライフワークとも呼べる昭和29年から連載された「火の鳥」シリーズ。

不老不死の効果がある不死鳥の血と、それに葛藤する主人公たちのストーリーを、未来や過去を交互に繰り返す編成で連載されました。

火の鳥は、彼が死の間際の病床の上でも書き続けた遺作で、特に「未来編」は未来とも過去とも現代ともとれるような造りになっており、色々な時代の主人公と輪廻転生していることを感じることができると思います。

結局はどの時代の人間も欲望は深く、同じような過ちを繰り返しているという、今の小説などの題材にもなりえるような世界観の漫画を描いている人物です。

ベタ塗りやトーン貼りなどの日本初のアシスタント制度を始めたのも手塚治虫です。

専属のアシスタントというよりは、漫画家として1人立ちできるように、2~3年手塚の元で勉強させるという形をとっていました。

《代表作》

  • 火の鳥
  • 鉄腕アトム
  • ジャングル大帝
  • ブラックジャック
  • ブッタ

日本三大漫画家2:鳥山明

日本のギャグ漫画や戦闘漫画の礎を築いた人だと思います。

小さい頃から絵を描くことが好きで、一度デザイン事務所に就職しましたが、2年ほどで退職しました。

定職がなく、お金に困っていた鳥山は、少年マガジンの新人賞の賞金目当てでギャグ漫画を描き始めましたが、結局締め切りに間に合わなく、その後に少年ジャンプの新人賞へ投稿。

その時は入賞しませんでしたが、2年後にアンドロイドの少女を主人公にした「Dr.スランプ」の連載を開始。

次の年にはテレビアニメにもなる人気作となります。

1984年に「ドラゴンボール」を連載、これも大ヒットし、Z、GTなどシリーズも続いています。

最近では2015年から「ドラゴンボール超(スーパー)」のアニメも放映されています。

1978年に週刊少年ジャンプでデビューしてから、現在に至るまで出身地である愛知県で執筆を行い、一時期は締め切りに航空便で原稿を送っていたようです。

ちなみにペンネームを使う漫画家が負い中、鳥山明は本名なんだそう。

人気が出てからは自宅にファンが押し掛けることも多かったと言います。

漫画だけでなく、ゲーム「ドラゴンクエスト」の作画も手掛けています。

漫画作りに関しては、ネーム(下書きの更に下書き)なしで、ストーリーもその時の感覚で書き進めているよう。

それでこんなに何作も超人気漫画を描けるのですから、転生のセンスを持っているのでしょう。

《代表作》

  • Dr.スランプ
  • ドラゴンボールシリーズ
  • ドラゴンクエストシリーズ(ゲーム)
スポンサーリンク

日本三大漫画家3:尾田栄一郎

みんな大好き「ONE PIECE」の作者である尾田栄一郎です。

中学生の頃にはONE PIECEの原型ともいえる海賊漫画を描き始めていたそう。

九州東海大学に入学するも1年目に中退し、ジャンプの漫画家のアシスタントを始めます。

アシスタントを務めた漫画には「るろうに剣心」や「ジャングルの王者ターちゃん♡」などがある。

1997年についに週刊少年ジャンプで「ONE PIECE」の連載が開始。

爆発的な人気で、2年後にはアニメが放映されます。

ONE PIECEは15歳の自分が読んで楽しいものを作るという信念のもと作られており、少年のための漫画という位置づけで「恋愛の描写はしない」「戦いの後は楽しい宴」を設けているそう。

映画版は2000~2012年まで毎年、その後も2~3年ごとに新しいものが発表されています。

ONE PIECEは「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスに認定されています。

特に67巻は日本出版史上一番の初版発行部数も記録しています。

67巻というとスモーカー中尉とのバトルを描いている巻です。

最近だと電子書籍で見ることができるので、なかなかこの記録を破ることは厳しそうですね。

ちなみに2019年の12月にTwitterで尾田が「あと5年でONE PIECEを終わらせる」と投稿し、ファンが衝撃を受け一時ネットが騒然としました。

《代表作》

  • ONE PIECEシリーズ

まとめ

僕が選ぶ、日本三大漫画家

  • 手塚治虫
  • 鳥山明
  • 尾田栄一郎

この3人の作品は色々な言語に翻訳されており、この漫画で日本語を勉強したという外国の人も多くいるようです。

世界にも愛される日本の漫画は、今や日本の大切な文化の1つだと思います。

それから、今回解説したような「日本三大」シリーズは他にもいろいろあって面白いですよ!

※「日本三大」シリーズはコチラの記事でまとめているのでご覧下さい!

それでは!