ノートパソコンスタンドって必要?メリットとデメリットをまとめてみた!

最近ではテレワーク、在宅作業が増えているため、持ち運びできるノートパソコンの需要が高まっています。

僕も、以前仕事中はデスクトップでしたが、ここ1年はノートパソコンを使用しています。

ノートパソコンの使用する時間が長くなってくると、もっと快適に仕事ができないかな、という考えになってきます。

そこで今回ノートパソコンスタンドのメリット、デメリットを説明していきます。

ノートパソコンスタンドのメリット

まずノートパソコンスタンドを使うメリットについて説明します。

視線が上がり、首や肩の負担が減る

ノートパソコンスタンドの一番のメリットはココにあると思います。

物理的にスタンドに置くことで、何もない時よりも視線が上にきます。

そのため、下を向きがちなノートパソコンでも首に負担がかかりにくい高さに持ってくることができます。

テレワークなどで長時間ノートパソコンを使用することが増えているでしょう。

自宅でも快適に仕事がしやすくなると思います。

また、会社だとどうしてもみんな同じ机と椅子を使うことが多いです。

スタンドを使うことで、自分の体の大きさ(特に座高)に合わせて、パソコンの位置を変えられるメリットがあります。

タイピングがしやすい

ノートパソコンスタンドに乗せることで、キーボードの面に角度が付きます。

机にノートパソコンを直置きしていると、段差ができ手首や腕が擦れます。

ノートパソコンに角度が付くと、段差による擦れを防ぐことができます。

また、手の小さい人でも、キーボードの上の段に、指が届きやすくなります。

排熱、ホコリ対策になる

本体と画面が分離しないノートパソコンは、持ち運びしやすく省スペースです。

机に直接置く関係上、どうしても排熱の効率は下がります。

スタンドに置くことで、パソコンと机に空間を作ることができるので、効率的に熱を排出することができます。

また机に直接接していない分、机の上のホコリを吸いにくいという利点もあります。

ノートパソコンスタンドのデメリット

次にデメリットについて説明していきます。

メリットの裏には、デメリットがつきものです。

メリットばかり見て、買ってから後悔しないように、是非デメリットについても考えてみてください。

移動中の荷物が増える

家、または会社のみでPCを使用する時は気にならないと思います。

しかし、たまに出勤した時に会社でも使いたいとなると、ノートパソコンとスタンドを持っていくことになります。

小さい省スペース設計のスタンドだとしても、ノートパソコンだけを持ち運ぶよりは重くなってしまいます。

商品によってぐらつく

ノートパソコンスタンドに置いてタイピングすると、どうしても下にズレてきたり、ぐらつくことがあります。

パソコンの底面よりも大きい面のスタンドならぐらつきは少ないですが、その分スタンドも大きくなります。

ノートパソコンスタンドは使った方が良いの?

メリットとデメリットが分かったところで、実際問題ノートパソコンスタンドを買った方が良いかについてです。

これは僕個人の意見になりますが、1日に何時間も定位置でPC作業する人は、スタンドを使用した方が良いと思います。

ノートパソコンで長時間作業すると、やはり熱もこもります。

また、ノートパソコン直置きだとどうしても前傾姿勢になり、猫背など姿勢が悪くなります。

ノートパソコンの課題である、熱と首の角度を解決するには、やはりスタンドは必要でしょう。

他にもサブモニターなど複数の画面を使って仕事をしている人は、スタンドがあった方が便利だと思います。

逆に1日数十分から1時間程度、YouTubeや通販する時ぐらいしかノートPCを使わないのであれば、スタンドは必要ないでしょう。

あとは家の中で色々な場所に移動して使ったり、ベッドやソファの上などで使うことが多い人にはスタンドは向いていないと思います。

まとめ

■ノートパソコンスタンドのメリット

 ・姿勢が良くなる
 ・パソコンの排熱がスムーズになる

■ノートパソコンスタンドのデメリット

 ・移動が大変
 ・パソコンとサイズが合わないとがたつく

テレワークが広まってから、ノートパソコンの需要が高まっているようです。

僕も家で作業していると、どうしても手首と肘の間が痛くなる時があります。

スタンドで角度を付けてあげたら、だいぶ痛みがなくなったので、手首辺りの擦れに悩んでいる人は、一度スタンドを使ってみてはいかがでしょうか?

道具

Posted by takgak