高野豆腐が賞味期限切れ!?いつまで食べられる?見分け方は?

2021年2月27日

じゅわっと出汁が口の中に染み出す高野豆腐は、日持ちするので安い時に買いだめして、ちょっと1品プラスしたい時に役立つ保存食ですよね。

しかし、「いつか使う」と思ってたくさん買っていたのを忘れて、賞味期限切れ・・・なんてこと、僕もしょっちゅうあります。

保存性が高い食品だけあって、そもそも買ってから賞味期限までがとても長い高野豆腐。

賞味期限切れの場合、一体いつまで食べられるんでしょうか?

乾燥しているけれど、腐ったりするのでしょうか?

高野豆腐の賞味期限について詳しく調べてみました。

高野豆腐の賞味期限はどれくらい?

スーパーなどで市販されている高野豆腐の多くは賞味期限は6か月程で設定されている様です。

パッケージが未開封の状態ならば、賞味期限切れでもプラス2~3か月であれば問題なく食べられるでしょう。

それ以上になると、保存している場所によって大きく劣化具合が変わってきますので、パッケージを開けて見て、カビや匂い、色など問題ないか確認してから調理してください。

高野豆腐は乾燥しているスポンジのようなものなので、水分も匂いも吸収しやすい性質を持っています。

つまりパッケージを開けてしまうと周りの湿気や匂いを吸い取ってしまい、急激に劣化していきます。

高野豆腐は明けたらなるべく密閉できる保存袋などに入れて、1か月程で使い切るようにしましょう。

ちなみに賞味期限切れが1年、2年と延びていくと、水で戻らないということもあるようです。

乾燥している高野豆腐ではありますが、原料の大豆に含まれる油分が酸化することが。品質劣化の原因になっているようです。

そもそも賞味期限とは?

賞味期限とは「品質が変わらず美味しく食べられる期限」の事です。

品質が変わらないというのは、その商品の試作段階で、食べた時の味の変化、食中毒など細菌の増加状況などを試験します。

その結果をもとに安全に食べられるMAXを1として、0.8をかけた日を賞味期限として設定しています

生産日(または出荷日)から、賞味期限プラス0.2分は安全に食べられると思ってください。

例えば、生産日から賞味期限までが8日までの商品はプラス2日は問題なく食べられるということになります。

賞味期限切れの高野豆腐の消費レシピ

賞味期限切れの高野豆腐、いつものように食べるのもいいですが、味は問題ないけれど匂い移りしてしまったり、何となく普通の含め煮にはしたくない人にオススメのレシピを紹介します。

賞味期限切れにかかわらず、ちょっと買いすぎた時にも消費できるので、是非試してみてください。

なんちゃって唐揚げ

高野豆腐を戻して、手で唐揚げ1個分の大きさにちぎります。

普通の唐揚げの下味+マヨネーズと鶏がらスープの素で味付けします。

片栗粉をまぶして、油で揚げれば完成です。

マヨネーズと鶏がらスープの素で、ジューシー感、鶏肉の味を再現できます。

また濃い味付けと油で揚げることで、匂い移りも気になりません。

高野豆腐でかさ増しハンバーグ

戻した高野豆腐をみじん切りにし、ひき肉に混ぜる。

通常のハンバーグ同様、成形し焼く。

高野豆腐を加えることで、ふわふわのハンバーグができますし、ちょっとひき肉が足りない時のかさ増しにも。

低糖質お好み焼き

乾燥した状態の高野豆腐をおろし金で粉々にします。

この粉を小麦粉の代わりにお好み焼きにいれます。

高たんぱく、低糖質のお好み焼きになります。

まとめ

・高野豆腐の賞味期限:6か月
・賞味期限切れ:未開封なら2~3か月は大丈夫
・賞味期限がまだでも開封したら1か月以内に食べる

賞味期限切れでも食べられることは食べられますが、この期間内であっても調理前によく目や鼻で確認してから使用してください。

高たんぱくで栄養価の高い高野豆腐は、人間だけでなく虫にとっても嬉しい食べ物です。

しっかりした環境で保管し、賞味期限内なのに虫食い・・・なんてことにならないように気を付けてくださいね。

スポンサーリンク