ヘアアイロンからパチパチ音がする!故障?対策はあるの?

2021年2月6日

ヘアアレンジに欠かせないヘアアイロンやコテ。

1台だけでなく、用途別に何台も持っている人も多いのではないでしょうか。

ヘアアイロン自体の音以外に、パチパチ音やジュウという音が聞こえたことはありませんか?

電化製品からいつもと違う音がすると心配になりますよね。

今回はそんな不安を払拭するために、ヘアアイロンからするパチパチ音やジュウという音の原因について調べてみました。

ヘアアイロンのパチパチ音の原因は?

ヘアアイロンと鏡

早速ヘアアイロン使用時のパチパチ音の原因についてです。

主な原因は2つ挙げられます。

髪に水分が残り過ぎている

髪を濡れたままヘアアイロンを使用すると、プレートで挟んだ時に髪の表面と内部の水分が一気に加熱され、水蒸気になります。

スタイリングはしやすいかもしれませんが、髪内部の水分まで全部蒸発してしまうので、髪にとってはダメージは大きいです。

乾いている時よりも長い時間プレートを当てていないと髪にクセ付け+乾燥できません。

髪はタンパク質でできているため、生卵をフライパンで焼いた時の様にどんどん凝固していき、ゴワゴワの手触りになってしまいます。

一度傷んだ髪はオイルなどで一時的に艶が出たとしても、自力で修復はできないので、傷んでいる部分は切るしか方法はありません。

髪は完全に乾かすか、最低でも8割方乾かしてからヘアアイロンを使いましょう。

定番のパナソニックのナノケアドライヤーのリンクを貼っておきます↓

イオン発生時の音

マイナスイオンなど髪に潤いを与える機能が付いている機種の場合、イオン発生機能をオンにしている時に音が出る場合があります。

購入後すぐに起動するだけで音がしてきたら、機種の仕様の可能性もあります。

説明書をよく確認してみてください。

イオン吹き出し口の汚れの可能性も

汚れ

故障していなくても、イオン発生時やスチーム機能使用時にパチパチ音がする時があります。

これはイオンやスチームの吹き出し口にホコリやスタイリング剤が詰まっている可能性があります。

パソコンなどのホコリを取るエアダスターで吹き飛ばして掃除するか、固形物なら爪楊枝などの先の細い棒で掻き出してみてください。

スタイリング剤が詰まらないように、ワックスやトリートメントはヘアアイロン後に塗布するように日頃から気を付けましょう。

ヘアアイロンから火花が!やっぱり故障?

ヘアアイロンから火花が

ヘアアイロンの電源を入れた後にイオン吹き出し口からバチっと小さい火花が出たことはありませんか?

実はこれ故障ではありません。

マイナスイオンを発生させる機能付きのヘアアイロンには、大きく2種類に分けられます。

・マイナスイオンを発生させる電極に電気を流して、人工的にマイナスイオンを作りだす方法

・トルマリンなどの天然石を埋め込み、風などでマイナスイオンを吹き付ける方法

電気を流してマイナスイオンを発生させる方法の場合は、稀にイオン発生機の中で火花が出る場合があります。

これは故障ではなくイオン吹き出し口が汚れている可能性があります。

綿棒などで吹き出し口の汚れを掻き出してください。

火花が出ていても使用には問題ありませんが、イオンの発生量が下がり、仕上がりに差が出るかもしれません。

危険な火花

コンセント

コンセント部分や本体とコードのつなぎ目から火花が出た場合は、火事やヤケドの危険がありますので、使用をやめて新しいヘアアイロンに買い替えましょう。

コンセント部の火花はほこりや水分によってショートを起こしています。

コードで火花が起きた場合は、コードが内部で断線していたり、コード内でショートして周りが溶けてしまい、銅線が露出してしまっています。

そのまま使用すると発火の危険もありますから、すぐに使用を中止してください。

コードの繋ぎ目の部分は故障の原因になりやすい場所です。

コードと本体のつなぎ目が360度回転するタイプだと、ねじれによる断線を防ぐことができます。

ヘアアイロンは上下に動かすことが多く、コードへの負荷が大きい家電です。

長く愛用するためには、購入時にコードの仕様も気を付けて見ると良いと思います。

まとめ

■ヘアアイロンのパチパチ音の原因
・髪が濡れていて、水分が蒸発する時の音→髪を乾かしてから
・イオン発生機自体の音→そのまま使用
・イオンやスチームの吹き出し口の詰まり→エアダスターや細い棒などで掃除

■火花
・イオン発生機→綿棒で掃除
・他の部位→故障の可能性、すぐに使用中止

プレートを加熱して使用するヘアアイロンは、使用時の消費電圧が高く、本体も熱を持ちやすい家電です。

月に1度以上はイオンやスチーム発生器の掃除をしたり、コンセント部分に不具合が無いかチェックしましょう。

安全に綺麗な髪をセットできるように、日頃のチェックやメンテナンスも気を付けましょうね!

道具

Posted by takgak