絵具で肌色の作り方!今は肌色とは呼ばないって本当?

2021年2月27日

持っている絵具で無い色を作りたい時、授業中であれば先生に聞けばOKですが、宿題に「休み中の思い出を絵に描いてきてください」なんて言われたら、親が教えてあげなければいけません。

思い出の絵には大抵、自分や家族の顔が入ってくるもの。

そんな時「肌色」ってどうやって作るの?といわれたら、ちゃんと答えてあげられますか?

今回は水彩絵の具での肌色の作り方を紹介します。

また水彩絵の具の綺麗な塗り方などの豆知識も合わせて覚えて行ってくださいね!

そもそも「肌色」ってどんな色?

肌

まず肌色と言っても、人の肌にもたくさんの色味があります。

色白な人、黄色い人、日焼けした人など・・。

肌色とは、黄色人種である日本人の平均的な肌の色とされています。

イメージ的には薄いオレンジ、黄味の強いオレンジといったところですね。

ちなみに、日本人が日焼けした肌の色は小麦色、それより濃くなると茶色となっていきます。

肌色の作り方

絵の具

絵の具といっても、12色、18色など持っている種類やメーカーによって、オレンジ、黄土色、レモン色が無かったり、緑ではなくビリジアンだったりと違いが出てきます。

今回は何通りか肌色、または肌色に近い色味の出し方を紹介します。

オレンジ(朱色)+白

 
ザ・肌色という色を出せる一番簡単な作り方です。

オレンジを出して、ほんの少しの白を足していきます。

オレンジと朱色の違いですが、赤 朱色 オレンジ 黄色といった感じで、朱色よりも黄色が強いのがオレンジです。

なので、朱色+白だとちょっと赤味がある、 オレンジ+白だと黄味が強めの肌色になります。

朱色+白でちょっと赤すぎる時は少しだけ黄色を足してみてください。

赤+黄色+水たっぷり

前の見出しで肌色の定義として薄いオレンジと表現しました。

赤+黄色でオレンジを作り、それを薄めることで透明感のある肌色が作れます。

水をパレットに入れて、ちょっとずつ絵具を足していくと、作りやすいと思います。

赤+黄色+白

色の合わせ方としては1と同じです。

絵具にオレンジが無い時に、赤+黄色でオレンジを作ってから白で肌色にしていく作り方です。

黄土色+白

黄味の強い肌色ができます。

肌色というよりはベージュに近い色味になります。

ピンと来ない時は赤や朱色をごく少量混ぜてみてください。

水彩絵の具の綺麗な塗り方

肌色の作り方が分かったところで、水彩絵の具を綺麗に画用紙に塗る方法を伝授します。

まずは、綺麗な太い筆で画用紙全体に水を塗ります。

これをすると、絵の具と画用紙の馴染みが良くなります。

色を塗る順番は、一番強く表現したい部分→背景、
その中でも、色の明るいところ→濃い・暗いところの順番で塗っていきます。

<これはやっちゃダメ!>
・広い面を塗る時に「縁取り」をしてから中を埋める作業

水彩絵の具は塗ったところから濃く乾いてムラになってしまいます。

広い面を塗る時は、端から広げるように塗り広げてください。

利き手と反対側から塗り始めると、塗りやすいと思います。

今は「肌色」とは呼ばない?

ここまで「肌色」の作り方として話を進めてきましたが、実は最近の絵具や色鉛筆の多くには肌色という表現は使われなくなってきました。

小学校の教師をしている友人に聞いてみたところ「ペールオレンジ」といわれました。

「いやいや全然ピンと来ない!」と思わずツッコんでしまったのですが、ペールとは薄い、淡いという意味なので、要は「薄いオレンジ」ということらしいです。

ではどうして肌色が使われなくなったかというと、日本は島国ですから、これまで移民なども少なく、基本的に同じ民族ばかりで生活してきました。

そのため、色白、色黒などの差はあっても、平均的な肌の色として、しっくり来ていたし、問題もありませんでした。

しかし、国際化が進む現代では、日本に労働や勉強で来ている外国人やその子供、日本人との間に生まれたハーフやクォーターの子供など髪・肌・瞳の色も様々な人たちが増えました。

そんな現代において、「平均的な」肌の色という表現にすると、それに該当しない人たちへの差別ではないか?ということになったようです。

僕ら親世代以上の日本人にとってはあまり馴染みのないペールオレンジですが、将来的には肌色に代わって主流になっていくのでしょうね。

まとめ

日本人の平均的な肌の色→肌色
定義的には「薄いオレンジ」

■肌色の作り方(4パターン)

  1. オレンジ(朱色)+白
  2. 赤+黄色+水
  3. 赤+黄色+白
  4. 黄土色+白

肌色の作り方は色々ありますが、仕上がりとしては、白が入ると重い感じに、水で伸ばすと透明感が出ます。

全体の構図や、何を主役にした絵にするかで、白入り、白無しを試してみてください!

スポンサーリンク

道具

Posted by takgak