コチュジャンが賞味期限切れ!?すぐに使い切れる消費レシピも!

2021年2月27日

韓国料理やちょっと辛味を足したい時に役立つコチュジャンは、甘辛い味で食欲がそそられる調味料です。

韓国ではとてもポピュラーなようですが、日本人である僕にとっては、たまーにしか使わない冷蔵庫の奥で眠りがちな調味料です。

そろそろ使いきりそうだなと思って買い足したのを忘れて、賞味期限切れのコチュジャンが冷蔵庫から見つかりました。

コチュジャンが賞味期限切れの場合、どれくらいなら食べられるのか、また短期間で使い切れるレシピを紹介します!

コチュジャンの賞味期限切れはいつまで大丈夫?

コチュジャン

コチュジャンが賞味期限切れになった場合、すぐ食べられなくなってしまうのでしょうか?

実は全然食べられます。

結論から言うと、

・未開封(冷蔵庫保存):賞味期限+2~4ヶ月
・開封済:開封後2~3ヶ月

の間であれば問題なく食べられます。

そもそも賞味期限は「品質とおいしさを保証できる期間」であって、しかもその期間は短く設定されています。

実際に品質を保持できる期間の約8割程度に設定されていることが多いのです。

そのため製造から賞味期限の約1.2倍は安全に食べられる期間であるとされています。

未開封で冷蔵庫に保管していれば、賞味期限12か月→プラス2.5か月、24か月→プラス4.5か月は品質に変わりなく食べられます。

多少味が落ちても気にならないのであれば、さらにプラス1~2か月ほどは問題ないと思います。

しかしこれは未開封の場合のみです。

開封したら、2~3か月を目途に使い切りましょう。

水分が蒸発して固くなるだけでなく、箸やスプーンなどから雑菌が入りカビなどが生えてしまうことがあります。

あくまでも賞味期限は「未開封で保存方法を守った時」の保証期間です。

開封したら絶対に冷蔵庫で、なるべく早く使い切るのが鉄則です。

それにコチュジャンは本来発酵食品です。

キムチのように時間が経つにつれて、甘みよりも酸っぱさが目立ってきたり風味が変わってしまう恐れがあります。

コチュジャンってどんな調味料? 賞味期限は?

コチュジャンは朝鮮半島で主に使われていて、基本的にはもち米麹と唐辛子が原料でそれに塩や醤油などを加え発酵させて作られています。

日本では発酵時間の短縮をするために麹から作られる甘味ではなく、水あめなどの甘味料を添加して作られる商品が多いようです。

そのため本場韓国のコチュジャンの自然な甘さではなく、人工的な砂糖の甘さが際立つコチュジャンが多く出回っています。

コチュジャンは麹、甘味料、唐辛子などが主原料となるので、腐りにくい性質の調味料です。

S&B 瓶入り→24か月、 チューブ→18か月

YOUKI 瓶入り→12か月、 チューブ→12か月

韓国から輸入されたであろうハングルしか書かれていないようなコチュジャンだと、ちょっと短くて6か月ほどの商品もありました。

日本メーカーのものであれば、ほとんど1~2年が賞味期限で設定されているようです。

調味料なので結構長い賞味期限の設定になっていますね。

賞味期限切れのコチュジャンを消費するレシピ

コチュジャンが賞味期限切れで見つかったら、できるだけ早く使い切りたいですよね。

僕もせっかくなら使い切りたいと思ったけれど、ビビンパなんか毎日食べるものでもないし、と他に消費できないかレシピを探してみました。

一気に消費できるキムチ鍋

鍋料理はスープを買ってきて作る人も多いと思います。

でも自宅で作れば自分の好きな塩気、辛さに調節できます。

スープに溶かすので、3~4人分作れば一度で大さじ2~3消費できます。

もっと消費したい時はレシピにある味噌や塩などの塩分の何割かをコチュジャンに入れ替えて作ってもいいと思います。

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1480006285/

辛味噌おにぎり

味噌おにぎりの味噌をコチュジャンにすると甘辛い韓国風の味噌おにぎりになります。

辛すぎる時は普通の味噌や砂糖を混ぜたりすればカスタマイズできますよ。

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1530004350/

ピリ辛浅漬け

大根、キュウリ、白菜などお好みの野菜をコチュジャンで揉んで漬けるだけ。

程よい甘みとピリ辛さで食欲そそる漬け物ができます。

塩気が足りなければ塩や醤油を少量足す、韓国風にしたいならごま油を少量プラスするといいです。

大根など厚みのある野菜を漬ける時は、事前に塩揉みして水分を抜いてからコチュジャンに漬けると味が決まりやすいです。

まとめ

・未開封ならば賞味期限プラス2~4か月ほどは品質に問題なし

・開封後は賞味期限に関係なく2~3か月で使い切るようにする

・コチュジャンの賞味期限は1~2年が多い

僕の家では、賞味期限切れのコチュジャンは2回のキムチ鍋で無事消費できました。

使い道が限られているように感じるコチュジャンですが、辛味の素、味噌の代わりという概念で調理すると意外に消費できる調味料のようです。

スポンサーリンク