にんにくの臭いを消すには?食事の前後で効果アリのケア方法を紹介!

2021年8月27日

にんにくは、滋養強壮として知られていますよね。

料理の風味付けに使うことも多く煮る、焼く、炒めるなど、どの調理法で食べてもおいしいですね。

しかし、にんにくは臭いが気になる食材ですね。

無臭にんにくもありますが、あんまり食べた気がしませんね。

にんにくやにんにくを使った料理を食べるには、食べる時間や食後の予定まで考えてしまうことがありますね。

食べたいけれど、臭いが気になるので避けている人もいるでしょう。

今回は、にんにくの臭いを消す方法や消えるまでの時間、口臭ケアについて紹介していきます!

スポンサーリンク

にんにくの臭いを消す方法は?

にんにく

それでは早速ですが、にんにくの臭いを消す方法を「食前・食中」と「食後」のケースに分けて解説します!

「食前又は食事中」に出来る方法

まずは、食前と食事中に出来る、にんにくの臭いを消す方法です。

それはズバリ、■牛乳・魚・チーズを食べることです。

特に食前に食べると良いです。

臭いの成分「アリシン」はタンパク質を結びつきやすい性質があります。

牛乳を食前に飲むとアリシンの体内への吸収をブロックしてくれます。

そうすると血液中にアリシンが流れるのをブロックすることで化学反応を抑えることができます。

低脂肪乳の方がたんぱく質を多く含んでいますので、食前に飲む場合には低脂肪乳を飲んでみましょう。

「食後」に出来る方法

次は、食後に出来るにんにくの臭いを消す方法です。

下の3つを食べると効果があります。

・りんご
・チョコレート
・緑茶、青汁

一つずつ解説していきます。

りんご

りんごにはポリフェノールと酵素が含まれています。

この2つの成分はにんにくに含まれるアリシンの臭いを抑えてくれる効果があります。

りんごのすごいところは、一切れのりんごでも効果があるところです。

外出先でりんごが食べられないときは、りんごジュースがあります。

しかしりんごジュースは加工されているため生のりんごほど臭いを抑える効果は少ないです。

ガムなどと併用すると消臭効果が上がるかもしれませんね。
 

チョコレート

チョコレートにもポリフェノールが含まれているので消臭効果があります。

酵素はないのでりんごに比べて効果は少ないでしょう。

緑茶・青汁

緑茶などに含まれるカテキンもにんにくの臭いの成分を抑える働きがあります。

外出先では、コンビニなどで簡単に手に入るので試してみるといいでしょう。

にんにくの臭いの原因はあの成分だった

にんにく

にんにくの臭いの原因は「アリシン」という成分にあると言われます。

アリシンは硫黄原子を含む硫黄化合物に分類されます。

アリシンには、殺菌・抗菌作用などがあるようです。

硫黄化合物は、一般的に臭気を持っているのが特性のようですね。

「硫黄」というとあの箱根の硫黄が有名ですが、あの硫黄がある付近はすごく臭いますよね。

臭いますが、そこで作った「黒たまご」を一つ食べると寿命が7歳延びると言われています。

にんにくの臭いの成分「アリシン」は、安定した成分でないのである条件で臭いが変わってくるのです。

調理前のにんにくは臭わない?

スーパーで売られているにんにくを手に取って臭いを嗅いでもあんまり臭わないですよね。

これは、「アリシン」の成分が変化する前の成分「アリイン」によるものだからです。

調理前のにんにくは「アリイン」という成分で覆われています。

「アリイン」は臭いの少ない成分です。

にんにくを調理するとき、切る、すりおろす、炒めたりしますよね。

切る、すりおろしたりすることによって、「アリイン」の細胞が壊れます。

「アリイン」はアミラーゼという酵素によって守られていて、調理することによってアミラーゼが分解し、アリインと結合します。

なんだか、化学式のような話が続きますが、アミラーゼとアリインが結合すると「アリシン」に変化するのです。

アミラーゼによって細胞が壊れると急速に臭いを発生するようになります。「アリシン」に変化したのですね。

買ってきたにんにくは臭わないのに、フライパンで炒め始めたら、にんにくの臭いがしてきたというのは、にんにくを切る、刻む、すりおろすなどしたからなのですね。

あの臭いがまた食欲をかき立てるのですけどね。

にんにくを食べた後、臭いが消えるまでの時間

口が臭い人

にんにくの臭いが消えるまでの時間が気になりますよね。

一般的には15時間程度は残っていると言われています。

にんにくの臭いには口に残ったにんにくの臭いと、体内に吸収されてから発生するにんにく臭いの2種類があります。

ほとんどの臭いは15時間ほどで消えますが、それでも体内、血液中などに残っている臭いの成分が完全になくなるまでは48時間程度かかると言われています。

汗からも臭うと言われているのはそのためです。

口の中の臭いは3時間程度時間が経てば自然と落ち着いてきます。

体内に入ったにんにくに成分はそう簡単に消えません。

自分では気づきにくいですが、吸収された臭いの成分が血液の中に残るのですね。

食べたにんにくの量や体の代謝のスピードにもよるので、年配の方は体内に吸収されてから外に出るまで時間がかかるかもしれませんね。

まとめ

  • にんにくの臭いの原因は「アリシン」という成分
  • 調理前のにんにくは臭いがない
  • にんにくの臭いが消える時間は15時間くらい
  • にんにくの臭いを消す効果的な食べ物

にんにくを食べる前と後のケアが、ポイントのようですね。

にんにくを使った料理は、おいしいものがたくさんあります。

にんにくの臭いがさらに食欲をかき立ててくれますね。

食前、食後のケアをすることによって口臭がおさえられるのであれば、やらない手はありません。

臭いを完全には消せなくても、消臭の仕方を知っていれば安心ですね。