あなたの布団にもダニが!かゆいと感じる前にダニ対策4選!

2021年1月13日

いつの間にか梅雨入りのニュースが聞かれる季節になりました。

ムシムシとして触れるものすべてがじっとりと感じられるこの時期に、注意したいのがダニ。

梅雨時期にせきやくしゃみ、目のかゆみなどに悩まされる方は、もしかしたらダニアレルギーかもしれません。

また、ダニアレルギーでなくとも、布団に入るとなんだか体がムズムズしてよく眠れない、肌が荒れやすいなどもお布団に大繁殖したダニが犯人かも。

今回は布団の厄介者であるダニの撃退法をご紹介します!

ダニの種類

ダニ

ダニには何種類か種類がありますが、大きく分けると、家の中にいるダニと外にいるダニに分けられます。

家の中のダニでも布団にいるのは以下のダニです。

ヒョウヒダニ(チリダニ)

0.3~0.4ミリと非常に小さく、ほこりや動物、もちろん人間も!のフケ、アカ、汗など老廃物を餌にしています。

刺すことはありませんが、大量発生し動き回る事で、ムズムズとした原因不明のかゆみの原因になります。

ツメダニ

0.3~0.8ミリ。

ヒョウヒダニなどを捕食するため、布団などに発生します。

こちらも動き回る事で、ムズムズさせるほか、人間も刺すことがあり、この場合は赤い小さな噛み口にかゆみを感じます。

実は効いてない!ダニ撃退法

ダニは家の中のいたるところに生息しています。

その中でも特に多く存在し、退治しにくいのが布団です。

掃除機をかけても布団の中綿の中までは吸引することができませんし、お日様に干しても、死滅するほどの熱にはなりにくいためです。

アロマの虫よけなどは、殺虫剤ではないため一時的な効果があっても、他の布団やソファー、カーペットなどに引っ越すだけ!

ではどうしたらよいのでしょうか?

ダニ撃退法1:布団乾燥機

布団乾燥機

ダニは多湿を好むため、布団乾燥機で湿度を取ります。

この際注意したいのが、家庭用の乾燥機の場合、一回では効果はあまりない、という事。朝夕の2回を3日間繰り返すなど、一定期間集中して行います。

これは一回では完全に死なないことと、この死骸を餌にさらにダニが繁殖するためです。

繰り返し集中して行う事で効果が上がります。

ダニ撃退法2:スチームアイロン

スチームアイロン

いくら多湿が好きでもスチームにはかないません。

布団にまんべんなくスチームアイロンをかけてみましょう。

ただし、シルク製など熱に弱い素材の場合はNGです。

必ず高温に強い素材か確認してください。

  1. 布団の上に清潔なシーツやタオルで当て布をします。
  2. 普段のアイロンがけのようにアイロンを滑らすのではなく、ピンポイントでスチームをかけ、その隣に移動してスチームをかけ、また移動して…と全体にしっかりスチームをかけて行きます。
  3. 全体にスチームをかけ終わったら、天日干しもしくは乾燥機などでしっかり乾燥させます。

ダニ撃退法3:布団干し袋を使う

天日だけではダニを撃退することはできません。

ただし、市販の布団干し袋を利用することで、効果をアップすることができます。

布団干し袋は黒い素材でできており、布団を入れて干すだけで、熱を吸収し高温を保ってくれます。

高温になりやすい場所で干すとさらに効果的です。

袋に入れてあるので汚れも気にならず、例えば車の上やコンクリ―トの上に広げることもできるので、その熱をうまく利用しましょう。

繰り返し使えて経済的で、花粉の時期などには花粉の付着防止に役立ちます。

ホームセンターなどで簡単に手に入りますよ。

この3つの方法は、いずれも最後にしっかりと布団に掃除機をかけましょう。

布団の中で死んだダニは、次のダニの格好の餌となるだけでなく、アレルギーのもとになります。

死骸などを吸い込むことによってアレルギーを引き起こしてしまうのです。

ダニ撃退法4:丸洗いをする

布団を丸洗い

クリーニング店や家事清掃代行業者では布団の丸洗いサービスがあります。

少しお金はかかりますが、ダニを死滅させるだけでなく、死骸のほか、汗やほこりを取り、しっかり乾燥させることで新品の気持ち良さがよみがえります。

引取り配達もお任せなのでラクラク、インターネットで申込可能です。

布団の素材によって、洗い方や仕上げ方法が変わってくるので、きちんと打ち合わせに対応してくれる業者を選ぶことが大切になってきます。

ダニを増やさないために

人は寝ている間コップ一杯分の汗をかくといいます。

ダニを増やさないコツは、日常からこまめに湿気を取る事です。

敷きっぱなしは厳禁。

また押し入れなどにしまう際には起きてすぐは良くありません。

少し時間をおいて、朝の準備をする間、換気などをしながら少し広げておいて、湿度を下げてからが良いそうです。

一日の疲れを癒してくれる最愛のパートナーふんわりお布団。

日頃のお礼にしっかりお手入れをして布団も癒してあげたいですね。

それでは!

スポンサーリンク

断捨離

Posted by takgak