世界三大毛皮とは!?高級毛皮の価値と特徴をご紹介します!

2021年1月13日

「毛皮」というと何となく高級なイメージがありますよね。
その毛皮の中でも、とくに高級な世界三大毛皮という毛皮があります。

世界三大毛皮とは、「セーブル」「チンチラ」「リンクス」の3つの動物の毛皮です。
私たちが普段目にするのは、ミンクやラビット、タヌキがほとんどで、この世界三大毛皮は、なかなか目にすることはありません。

今回は、世界三大毛皮についてお話していきます。

世界三大毛皮のような高級毛皮の価値とどのような特徴があるのか、順番にご紹介していきますね。

世界三大毛皮1 セーブル(ロシアンセーブル)

世界三大毛皮の1番目、セーブルの毛皮は、灰褐色ないし黒褐色の色合いで毛が絹状で長く,つやがあります。
最高級の毛皮でありセレブに人気があります。

イタチ科テン属の哺乳類に分類され、黒テンとも呼ばれています。

テンには黒テン,マツテンなどの種類があり,黒テンはクラウンセーブルといって珍重されています。
セーブルは、体長35~56cm,尾長12~19cm,体重0.7~1.8kgが平均の大きさです。

セーブルは数千年前からすばらしい毛皮として知られ、高位の人しか身につけられない物とされてきました。

特にロシアンセーブルと呼ばれる物は最高級品で、総毛皮のコートとなると、200万〜500万円、マフラーでも100万円以上する場合があります。

カナディアンセーブルと呼ばれる種類もありますが、ロシアンセーブルの方がランクは上になります。
カナディアンセーブルはロシアンセーブルに比べると、赤茶系の色をしているのですが、この色も値段の差になっています。

まつ毛エクステ(通称まつエク)でも、セーブルエクステと呼ばれるエクステがあります。
その付け心地や持ちの良さから、「セーブルエクステ」と呼ばれていますが、マツエクで使われるセーブルエクステは、本物のセーブルを使用しているわけではありません。

人工の毛となりますので、質感と最高級クラスという点から命名されました。
質感はセーブルのように、上質で柔らかいのが特徴です。
セーブルエクステのお値段が気になりますが、500円~1,000円で出来るところが多いようです。
案外リーズナブルな価格で出来ますね。

世界三大毛皮2 チンチラ

世界三大毛皮の2番目、チンチラは、毛並みが大変美しく、とてもきめ細やかでフワフワとした手触りです。
チンチラは、げっ歯類でネズミの仲間で南米チリに生息しています。
体長は最大で25㎝くらいで、丸みをおびた体に大きな耳とふわふわと長い尻尾を持ち、とてもかわいらしい見た目をしています。

刺し毛がなく綿毛のみの毛皮なので、非常にやわらかく肌触りがよいのが特徴です。
色は白と黒とグレーのきれいなグラデーションになります。
このグラデーションによって値段が決まります。
グラデーションがきれいな新品のコートを購入しようとする場合、500万円以上となるそうです。

ペットとしての飼育も可能で、賢く、好奇心が旺盛です。
寿命も長く10~15年と長生きで、大声で鳴くこともなく清潔好きなので臭いもあまりありません。
人懐っこいのでペットとしても優れているのですね。

ちなみにチンチラというと「チンチラウサギ」がありますが、毛の柔らかさ、色合い、毛のかたまり具合で判断します。
一番の特徴は黒とグレーのきれいなグラデーションがあるかないかです。

チンチラとペットとして飼ってみた動画がありました。
参考にしてください。

世界三大毛皮3 リンクス

世界三大毛皮の3番目、リンクスは、茶色と白色の毛に分かれ、白い毛の部分にはまだら模様があるのが特徴です。
この白い部分のほうに価値があると言われ、白い毛が長いほどよい毛皮とされています。
ロシアやアメリカに生息するオオヤマネコの毛皮です。

リンクスはワシントン条約で保護されているため、入手の難しい毛皮です。
もし新品のコートを手に入れようと思うなら、やはり100万円を優に超える高級な毛皮になるでしょう。

毛皮のお手入れと保管方法

リンクス

毛皮のお手入れは、一度着用したら、必ず軽く叩いたりしてホコリを落とすようにしましょう。手で払うだけでもホコリが取れて毛並みがきれいになります。

もし水に濡れてしまった場合は、放置すると縮んでしまうこともあるのでタオルで水分を取って必ず日陰で干します。
ドライヤーなどで乾かすのは毛皮が傷んでしまうのでやめましょう。
洗濯機、乾燥機も同様です。

保管の理想的な状態は、カバーを掛けて温度が10°C以下、湿度が約50%とされています。

まとめ

1、セーブルの毛皮は、灰褐色ないし黒褐色の色合いで毛が絹状で長く,つやがある
2、チンチラは、毛並みが大変美しく、とてもきめ細やかでフワフワとした手触り
3、茶色と白色の毛に分かれ、白い毛の部分にはまだら模様があるのが特徴
4、毛皮のお手入れは、一度着用したら必ず軽く叩いたりしてホコリを落とす

世界三大毛皮と言われる毛皮は、なかなかお目にかかれない代物です。
毛皮のコートは女性の憧れです。

毛皮はお手入れに気を使いますが、シーズンが終わったら専門クリーニングに持って行きましょう。
次のシーズンまで保管もしてもらうと虫食いなどの心配が少なくなり安心ですね。
お気に入りのコートは長持ちさせることができますね。

スポンサーリンク

Posted by takgak