ファスナーの滑りが悪い時の裏技3選!今すぐ試してパパッと解消!

2021年2月27日

ファスナー

最近、カバンから名刺入れや財布を出そうとすると、うまくファスナーが動かずもたもたすることが何度かありました。

大事に使ってきたカバンだけど、そろそろ寿命なのかな?なんて思いましたが、愛着のあるこのカバン、まだまだファスナー以外は傷んでいないし、できれば大切に使っていきたい!

そこで今回はファスナーについて大調査して行きたいと思います。

なぜ閉まるの?ファスナー

ファスナー

ファスナーの持って動かす部分はスライダーといいます。

そのスライダーの部分で凸凹のエレメント部分を歯車の原理でかみ合わせたり開かせたりしています。

滑りが悪くなるのはこの動きがスムーズにいかなくなるからなんです。

その原因の多くはファスナーに塗られた潤滑材が洗濯や汚れ、長期使用で摩耗してしまうから。

だったら滑らかさを復活させればいいじゃないか!と早速チャレンジしてみました。

ファスナーの滑りが悪い時の裏技3選

ではここからは、僕がおすすめするファスナーの滑りが悪い時の裏技3選を紹介していきます!

おすすめアイテム1:ろうそく

ロウソク

一般的なろうそくの多くはパラフィンが含まれており、これがスムーズな動きに一役買ってくれます。

まずは歯ブラシなどでろうそくをこすり、そのブラシでファスナーのエレメント部分をこすっていきます。

エレメント部分を歯に見立てて、歯磨きの要領でまんべんなくこすります。

最後に何度か開け閉めしてなじませれば完成です。

水に溶けないので、頻繁に洗濯する衣類などにおススメです。

このとき大事なのは

  • 色付きろうそくは使わない
  • 直接ろうそくでエレメントをこすらない
  • 和ろうそくは別物なので使用しない

の3つです。

色付きろうそくは、そのまま色移りの原因になってしまいます。

また直接ろうそくでこすってしまうと、エレメント自体を痛めたり、目詰まりして逆に動かなくなる原因になってしまいます。

おすすめアイテム2:石鹸

石鹸

石鹸も使用方法は同じです。

歯ブラシなどでこすり、その後エレメント部分をしゅしゅっとこすっていきます。

こちらも色の濃い石鹸は色移りの心配があるので着色されていないものを選びましょう。

また、液体のものはシミになる心配もあるので、固形の石鹸がいいようです。

カバンなどあまり水にぬれないものなら、石鹸でも十分持ちます。

おすすめアイテム3:シリコンスプレー

シリコンスプレー

これはなかなか買い置きしなさそうですが、一本あると便利なアイテムです。

使い方はいたってシンプル。

エレメント部分にしゅっとひと吹きで完了です。

ただし下記の点、注意が必要ですのでご留意下さい!

  • 床に吹き付けない
  • 吸い込まない
  • 火のそばでは使用しない

床にかかってしまうと、床が滑って危ない!なんてことも。

また吸い込むと危険ですので、小さいお子さんやペットのいるご家庭では注意が必要です。

換気をしながら使うか、屋外で使うと安心です。

引火の恐れがありますので、火のそばではくれぐれもご注意ください!

ホームセンターではシリコンスプレーと並んでオイルスプレーも売られていますが、こちらは金属のファスナーにしか使えません。

べたつき、独特のにおいがあるため、素材を選ばないシリコンスプレーがおススメ。

ファスナーのためだけには買うのもどうかな・・・と思いますが、戸の滑りが悪い、鍵穴がしぶくて回らない、引き出しがうまく閉まらないなんて時にも活躍してくれるので、買って損はなさそうです。

ファスナーを長く愛用したいから

ここまで滑りが悪くなった時の対処法をいろいろご紹介しましたが、滑りが悪くならないように気をつける事で、さらに長く愛用できそうです。

  • 1. 洗濯の時には必ず全部閉める
  • 2. 開け閉めは必ずスライダーをもって
  • 3. 鞄や靴、財布などは型崩れにも注意!

洗濯の際には、ファスナーはもちろん、その上にカギホックやボタンがついている場合はそこも閉めます。

洗濯ネットなども活用しましょう。

開け閉めする際はちゃんとスライダーをもって行います。

最後まで開けきらずにぐっと広げてしまうと、エレメント部分が壊れてしまいます。

また、鞄などはパンパンに詰め込んだり、しばらく使用しないまま放置して型崩れを起こしている場合も滑りが悪くなりがちなので型崩れさせないようにすることも大事です。

まとめ

  • 滑りが悪いのは潤滑剤切れ
  • ろうそく、石鹸、シリコンスプレーでお手入れすればよみがえる
  • お手入れは2本立て!『摩耗させない使い方』と、『メンテナンス』で長く愛用できる

最後におまけですが、実は日本語だったアレについてです。

『ズボンのチャックが空いてますよ』なんて言いますよね。

ファスナーとチャックは同じもの。

実はチャックは巾着からきた日本語なんだとか。

昔、丈夫で人気のあったファスナーが巾着をもじったチャック印という商品だったのが語源だそうです。

同じくよく聞くジッパーは、アメリカの呼び名で、ファスナーを閉めるときの擬音がもとだそうですよ。

確かに、革ジャンなんかそう聞こえますよね。

僕のカバンはろうそくで無事復活しました!

ついでに中身も整理して、あまり詰め込みすぎないように。。

物を大事に使っていく事を子供にも教えていきたいです。

それでは!

スポンサーリンク

道具

Posted by takgak