イヤホンが水没した時の対処法!洗濯しちゃった場合はこれを試すべし!

ついうっかり、イヤホンを落としてしまって水に濡らしてしまった。

ポケットに入れたまま洗濯機を回してしまった。

こんな経験ありませんか?

僕もワイヤレスのイヤホンをズボンのポケットに入れたまま選択してしまったことがあります。

その時はもう壊れてし待ったと思い、とりあえず古いイヤホンを使い、次の休みに買い替えました。

しかし、水没したイヤホンをまた使えるようにする対処法があるようなんです。

今回は、イヤホンを水没させてしまっても、復活させれる対処法を調べてみました。

スポンサーリンク

イヤホンが水没した時の対処法

イヤホンの水没

イヤホンが水没した時、まず最初にやってはいけないがあります。

それは、使えるか試すこと。

コード付きのイヤホンならスマホなどに接続する。

ワイヤレスは音が出るか音楽を流してみる。

ついやってしまいそうですが、中が濡れている状態で使用すると、水に電気が流れます。

そうすると普段通電しないところまで電気が走り、ショートし完全に故障してしまう危険があります。

また、音が聞こえるか耳に入れて、そこでショートすると、感電してケガや火傷を負ってしまう危険もあります。

乾燥させるのが先決

水没したイヤホンは、そのまま乾燥させることが重要です。

基本的には日の当たらない涼しい場所で2~3日程、放置しておけば大抵は乾きます。

急いで乾燥させたいのであれば、常温のドライヤーを当てます。

ドライヤーの場合は1時間程当て続ければ乾燥できると思います。

温風は、急激に温度変化をさせてしまい、イヤホンの内部の部品を傷めたり錆びさせることもあります。

もし乾燥して直ったとしても、部品の劣化でイヤホンの寿命を縮めることに繋がります。

出来るだけ安全に早く乾かしたい時

仕事でイヤホンを使う人もいると思います。

3日もイヤホンが復活するかどうか分からない状態で、しかも使えなくて仕事にならない!そんなの耐えられないという人は、乾燥材を使いましょう。

お菓子の袋などに入っている「シリカゲル」という物質です。

ホームセンターや100円均一、大きめのスーパーなどで購入できます。

ジッパー付きの保存袋にシリカゲルとイヤホンを入れます。

なるべく袋の空気を抜いてジッパーを閉じます。

そのまま1日程放置します。

シリカゲルが水分を吸着してくれて、イヤホンを乾燥させてます。

乾燥したら、やっと電源を入れます。

この時、もし内部に水分が残っていることがあれば、ショートする可能性があります。

そうなると、感電の危険があるため、電源を入れる時は耳に入れずに、近くに燃えるものが無いテーブルなどの上に置き、ONにして音が出るか確認します。

防水イヤホンなら大丈夫?

防水イヤホン

最近ではお風呂やランニングなどスポーツ中に使用できる防水イヤホンも販売されています。

防水性能は「IPX」や「IP」で表されます。

このIPXの後に数字が続くのですが、数字が大きい程防水性能が高く、最高「8」まであります。

IPX8まで行くと、水泳中ずっとつけても問題ないレベルの品質ですから、洗濯1回程では故障まで至らないと思います。

逆に7レベル以下の場合は、防水でも安心はできません。

例えばIPX7の場合、水深1mで30分間の防水性能を保証しています。

しかし、洗濯機1回回すと40分~長いコースだと1時間弱程かかります。

そうなると保証されている30分以上の時間を水に浸かっていることになります。

そのため、防水イヤホンであっても、水没した環境(水深)と時間によっては、内部に浸水していることもあります。

スポンサーリンク

乾燥剤がすぐに手に入らない時の対処法

夜で近くのお店が閉店しているなど、すぐに乾燥剤を買いに行けないこともありますよね。

そんな時にシリカゲル代わりになるものを紹介します。

炊く前の乾燥したお米

お米は周りの水分を吸収する効果が期待できます。

直接だとお米の糠などでイヤホンが汚れるので、お米をお茶パックやキッチンペーパーに包み、シリカゲル同様に保存袋で密閉します。

シリカゲルよりは効果は遅いので2日程そのまま乾燥させます。

シリカゲルが手に入らない時は、試してみて下さい。

まとめ

イヤホンが水没した時の対処法

1 電源を入れたり充電したりしない

2 内部をしっかり乾燥させる

3 耳に入れずに電源を入れる

お気に入りのイヤホン、ちょっとこだわった効果なイヤホンなど、水没してしまったらショックですよね。

しかし、中をしっかり乾燥させることで、買い替えなくても復活する可能性があることが分かりました。

水没したけど、ちょっと諦めきれないという人は、是非シリカゲルを試してみてください。

スポンサーリンク

道具

Posted by takgak