ドッグフードにゴキブリを寄せつけない対策!寄って来た時の対処法も解説!

2021年7月31日

綺麗にしているはずの部屋で、ドッグフードの袋の袋にゴキブリが湧いている!

ワンちゃんを飼っている人にとっては、愛犬がゴキブリを食べるかもしれないし、ゴキブリを食べたドッグフードから病気をもらうかもしれない・・・。

心配事が増えてしまいますよね。

そこで今回は、ドッグフードにゴキブリを寄せつけない対策や、寄って来てしまった時の対処法を解説していきます。

ドッグフードにゴキブリを寄せ付けない対策は?

ドッグフードにゴキブリ

それでは早速ですが、ドッグフードにゴキブリを寄せ付けないための対策を見ていきましょう!

ゴキブリは、エアコンの配管、換気扇の隙間、窓を開けた隙に、玄関を開けた隙に、どこからともなく入ってきます。

そこで、対策としてポイントになるのは、下の2つになります。

・ドッグフードのニオイ対策

・ゴキブリの繁殖を防ぐ

1つずつ解説していきます。

1.ドッグフードのニオイ対策

ドッグフードにゴキブリを寄せ付けないためのポイント1つ目としては、ドッグフードのニオイをなるべく広げないことです。

そのためには、ドッグフードを密閉容器に入れましょう。

ドッグフード専用の容器もありますが、密閉できる米びつでも代用ができます。

さらには、湿気るとニオイが強く出るので、一緒に乾燥剤も入れると尚良いです!

2.ゴキブリの繁殖を防ぐ

2つ目のポイントとしては、ゴキブリの繁殖を防ぐということです。

ドッグフードのニオイを消して対策しても、残念ながら入ってきてしまうゴキブリはいます。

ですが、その1匹のゴキブリを、1匹のままで仕留めてしまうか、繁殖してしまうかは雲泥の差ですよね・・・。

なので、入ってきたゴキブリの繁殖を防ぐ事が重要なのです。

そのためには、ワンちゃんが届かない・入らない場所に、ゴキブリの毒餌剤を設置します。

間違ってワンちゃんが食べたり舐めたりしては、愛犬を退治してしまう事になります(汗)

ワンちゃんが入れないドッグフードを入れた引き出しの中や、物置の押し入れの中などがおすすめです。

また、キッチンにドッグフードを置いている場合は、冷蔵庫の背面の当たりや収納棚の奥なども、ゴキブリの住みやすい場所、かつ犬が届きにくいので安心して設置できます。

更にエアコンの室外機の下、玄関横、ベランダ、洗濯機の排水溝の近くなどに置くと、そもそも家の中に入る前に退治できます。

ドッグフードにゴキブリが湧く理由

そもそもなぜゴキブリはドッグフードの近くで繁殖するのでしょうか?

ゴキブリは雑食で、肉でも魚でも穀物でも油でも、とりあえずエネルギーになりそうな物があれば、生き延びれます。

また、ニオイの強い物にひかれるため、ドッグフードの香りでおびき寄せられます。

ドッグフードは栄養価が高いため、ゴキブリにとっては格好のエサ場であり繁殖場所になります。

またドッグフードは、犬がいつでも食べてしまわないように、引き出しの中や、犬が入らない物置などに仕舞ってある場合が多いです。

少しの隙間から侵入できるゴキブリは、暗くて狭くて湿気の多い場所が大好きです。

ドッグフードをそんなゴキブリが好みそうな場所に置いてないか、今一度確認してみてください!

ドッグフードにゴキブリが寄ってきた場合の対処法

ドッグフードを保管している場所付近にゴキブリを多数発見したら、まず何をしたらいいのでしょうか?

その為の対処法として考えられるのは下記の4つです。

・ドッグフードを廃棄する
・ゴキブリの駆除
・ドッグフードを密閉容器に入れる
・ゴキブリ対策をする

1つずつ詳しく見ていきましょう。

ドッグフードを廃棄する

もったいないかもしれませんが、ドッグフードを食べてゴキブリが繁殖した場合、ドッグフード内にゴキブリの卵が混入していたり、ゴキブリが持つ雑菌などが移っている可能性があります。

体調を壊してしまうかもしれませんので、ゴキブリが食べたであろうドッグフードは捨てましょう。

ゴキブリの駆除

次に目に見えるゴキブリを駆除します。

ワンちゃんの口に入っても大丈夫なように、毒素で退治するタイプではなく、冷却タイプのスプレーで退治しましょう。

可能であれば、1日ワンちゃんを連れて外出している間にバルサンなど家全体のゴキブリを駆除する方法もアリです。

ドッグフードを密閉容器に入れる

新しく買ってきたドッグフードを密閉できる容器に入れます。

容器がすぐに入手できない場合は、数日間個包装のドッグフードにする方法もあります。

個包装ですから、ニオイも広がらず、ゴキブリのエサにもなりにくいです。

ゴキブリ対策をする

上でもお伝えした通り、ハッカ油や毒餌剤でゴキブリがこれ以上入ってこない、増えない対策をしましょう。

愛犬が毒餌剤を食べるのが心配な場合は・・・?

ワンちゃんが毒餌剤を食べてしまわないか心配なら、「ハッカ油」を試してみましょう。

ハッカは虫が嫌いな香りです。

もちろんゴキブリにも効果てきめんです。

ハッカ油であれば、形が無いのでそもそもワンちゃんが口に入れにくいです。

ゴキブリ退治用のハッカ油の作り方はかんたんですので、下に紹介しておきます。

■ハッカ油の作り方

・ハッカ油→10滴~20滴
・水→90㏄
・無水エタノール→10㏄

材料全部をスプレーボトルに入れて、良く振り混ぜて、ゴキブリが侵入してきそうな場所や、ドッグフードを置いている場所の近くに噴霧します。

ハッカ油は、アロマのお店や雑貨屋さん、薬局などでも購入できます。

こちらの記事でもハッカ油の作り方を詳しく解説しています↓

まとめ

■ドッグフードのゴキブリ対策

・ドッグフードのニオイでおびき寄せられないように、密閉容器で保管する

・そもそもゴキブリが入らないように、毒餌剤やハッカ油で家ごと対策する

ゴキブリは雑食なので、水でも油でも、人間の食べ物でも、ペットフードでもあれば、どこでも繁殖してしまいます。

大切なワンちゃんのドッグフードを守るため、日常的にゴキブリ対策を徹底しましょう!

■こちらの記事もどうぞ