ドッグフードとキャットフードの違いとは?代用しても大丈夫?

犬や猫を飼っている人で、まだフードが残っていると思っていたら、保管が悪くてカビが生えていたり、うっかり切らしてしまったり。

焦って近くのお店に行ったら、自分が欲しいフードが品切れしていた、という事ありませんか?

犬を飼っているのにキャットフードだけ、猫を飼っているのにドッグフードだけ。

でもドッグフードもキャットフードも、カリカリって似てますよね。

代用って出来ないんでしょうか?

そこで今回は、ドックフードとキャットフードの違いや代用できるかどうかについて解説をしていきます!

スポンサーリンク

ドッグフードとキャットフードの違い

ドッグフードとキャットフードの違い

犬と猫について決定的な違いがあります。

僕も意外だったのですが

・犬→雑食

・猫→肉食

なんです。

なんとなく犬って狼が祖先だから、荒々しいイメージで肉食っぽいと思っていましたが、雑食なので穀物も食べられます。

ドッグフードは動物性のタンパク質と、大麦や玄米、イモ類などの穀類をミックスしています。

逆に猫は基本が肉食なので、ベースとなる材料は肉、魚となります。

犬と猫では、必要となる栄養素の割合が違うのです。

なので、犬がキャットフードを食べるとタンパク質と脂質過多肥満になります。

逆に猫がキャットフードを食べると、炭水化物過多消化不良内臓に負担をかける事になります。

フードの固さや粒の大きさも違う

猫と犬では口の大きさやアゴの強さが違うため、大きい粒のドッグフードを猫に与えると固すぎてうまく噛めずに吐いてしまう事があります。

粒の大きいドッグフードを猫に与える場合は、少し砕いてから与える、または少しぬるま湯でふやかしたり、食べやすくしてあげましょう。

鶏肉や魚などを茹でて細かくしたものを汁と一緒にトッピングすることで、ドッグフードを柔らかくしつつ、足りないタンパク質や脂質を補う事もできます。

小型犬用と猫用、またはウェットフードなら数回~数日なら代用しても、すぐには問題は起きないと思います。

スポンサーリンク

すぐに健康に影響ないが、長期的には危険

数回~数日程度なら嫌がらなければ犬にキャットフード、猫にドッグフードを与えても、問題はないでしょう。

しかし長期間与え続けると、肥満や病気のリスクが高くなります。

それぞれ必要な栄養素の割合が違います。

・犬: 炭水化物57 タンパク質25 脂質18

・猫: 炭水化物35 タンパク質45 脂質20

肉食である猫はタンパク質の必要比率が多くなります。

逆に犬は炭水化物の必要比率が多いです。

それぞれのフードはこの比率を元に計算されて調合されています。

肉食の猫に炭水化物量が多いドッグフードを与え続けると、腎臓や肝臓に負担がかかり、膀胱炎や結石になりやすくなります。

犬は高たんぱく高脂肪のキャットフードを食べ続けると、肥満に繋がります。

体重が増えると椎間板ヘルニアや関節炎にもなりやすいです。

キャットフードは塩分が多いため、犬の腎臓に負担がかかります。

出来るだけ犬にキャットフードは与えない

病気の面だけでなく、キャットフードを犬に与えると、後々後悔することになります。

それはキャットフードの「」です。

キャットフードの主原料は肉や魚のタンパク質です。

これはドッグフードに比べると旨味が強くなるため、犬にとってもとても美味しいご飯です。

また、塩分も高くなっています。

犬がタンパク質と塩分が高い食事に慣れてしまうと、その美味しさがクセになってしまい、ドッグフードに戻しても食べてくれない事があります。

キャットフードは犬にとって栄養バランスが崩れますし、犬が満足する量をキャットフードで摂ろうとすると、1食当たりの金額もとても高くなります。

さらには、猫用の小さい粒のフードでは、少しの力で食べれるので、アゴの力も弱まってしまいます。

犬の事も、食費の事も考えて、数回だけという場合のみ、代用するようにしましょう。

まとめ

ドッグフードとキャットフードの違い

犬→雑食(炭水化物多め)

猫→肉食(タンパク質多め)

ドッグフードもキャットフードもその動物に合わせて作られたものです。

例えば、災害などでこれしか売っていない。

飼い主の体調不良で、フードを買いに行けない。

このような、どうしようもない状況以外は、なるべくその子に合ったフードを与えましょう。

ワンちゃんや猫ちゃんも、フードがコロコロ変わってしまうと、ストレスに感じる子もいると思います。

元のフードに戻せなくて飼い主も大変になるので、気を付けましょうね。

■こちらの記事もどうぞ